オンライン英会話ってどういうもの?その仕組みや特徴を解説!

女性がパソコンを見ながらメモをしているところです。

少し前のデータになりますが、オンライン英会話の利用に関する調査(2015年6月)によると、オンライ英会話の認知度は30%ぐらいだそうです。-出典: MMD研究所

2020年の東京オリンピックが近づくにつれて英会話の学習ニーズは高まっているとはいえ、

「オンライン英会話って聞いたことはあるけど、実際のところどうなの?」

という人がまだまだ多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一見複雑に思えるオンライン英会話について、その仕組みや特徴をできるだけ簡単にテンポよく解説をしていきたいと思います。

オンライン英会話の仕組み

机の上にパソコンとコーヒーが置いてあるイメージ写真(イラスト)です。

まずはオンライン英会話の仕組みから。

実際にどのようなことができるかや、必要なものなどを解説したいと思います。

 

仕組みはビデオ通話と同じ

スマホやパソコンで、ビデオ通話を使ったことはありますか?

※テレビ電話と呼ぶこともあります。

画面に相手の顔をうつしながら通話する、あれです。

テレビCMでもよく見ますよね。

遠方に住む孫の顔を見て喜ぶおじいちゃんやおばあちゃんの様子がなんとも微笑ましいです。

 

オンライン英会話の仕組みもビデオ通話と変わりません。

↓こんな感じです↓

スカイプでオンライン英会話を楽しんでいるところです。
引用:日本マイクロソフト公式チャンネル「Skypeでオンライン英会話を始めよう」

要するに、インターネットでこちらの映像とあちら側の映像をつないで、

お互いにビデオ通話で顔を見ながら英会話レッスンをしようというものです。

この仕組みを使えば、わざわざ英会話教室に通わなくても、自宅でレッスンを受けることができるので便利です。

 

この仕組みを使って出来ること

もう少し具体的にできることを見てみましょう。

  1. テキストメッセージの送受信
    通話中に聞き取れなかった英語フレーズは、講師がテキストで画面に打ち込んでくれます。こちらから共有したいホームページのWebアドレスを送ったりもできます。
  2. ファイルを添付できる
    画像やワード・PDFなどのファイルを相手に送ることができます。英文の添削をうけるときに便利です。
  3. 画面の切り替えやオン/オフ
    レッスン教材だけを表示させたり、こちらの画面をオフにしたりすることができます。寝起きのときは講師にお願いして画面をオフにしましょう。笑

※Skype(スカイプ)と呼ばれる代表的なものを例にしています。オンライン英会話サービスによって独自システムをつかっていたりもしますが、大抵のサービスは上記のようなことが出来るようになっています。

他にも絵文字スタンプなど便利な機能はいろいろとありますが、英会話レッスンで主に使うものはこんなところです。

 

準備しておくもの

ビデオ通話でのレッスンを受けるためには、用意しておかないといけないものがあります。

それは次の通りです。

  1. 必ず必要なもの
    • インターネット接続
    • パソコン(またはタブレット、スマートフォンなどの接続機器)
  2. 場合によっては必要なもの
    • ビデオカメラ(こちらの顔を映す)
    • マイク
    • イヤホン

「2. 場合によっては必要なもの」については、パソコンの性能や利用する環境によって異なります。

例えば、画面をオフにしてレッスンをしたり、パソコンにビデオカメラが内蔵されている場合は、ビデオカメラは不要です。

また、静かな環境でレッスンを受ける場合や、周りに声がもれても大丈夫な場合は、

パソコン内蔵のスピーカーから相手の音声を拾えるし、パソコンに直接話しかけても相手に聞こえます。

 

オンライン英会話の特徴

電球の絵が描かれています。アイディアを思いついたイメージです。

オンライン英会話の仕組みが理解できたら、

次はオンライン英会話の特徴を見ていきましょう。

 

制約下での英会話レッスン

オンライン英会話の特徴を一言で表すと「制約の下での英会話レッスン」です。

これは、ビデオ通話という制約のなかで、英会話レッスンを受けなければならないことから明らかですね。

もちろん、ビデオ通話を活用するメリットがあるから、オンライン英会話が支持されているわけなんですが、

それは後々ふれることにして・・・まずはデメリットからみていきましょう!笑

1. パソコン操作が面倒
英会話教室ではパソコン操作は不要ですが、オンライン英会話では、ビデオ設定、音量調節、テキスト打ち込み、ファイルの添付などが発生します。パソコン操作が苦手な人にとってはしんどい作業ですね。
2.  居心地がよいとは言えない
机に座ってずっと画面を見つめているのは、なかなかしんどいもの。あまり動けないし、落ち着かない気分になったりしがちです。しかも慣れない英語を話すので、余計に緊張しやすいと言えます。
また、画面を通して相手の顔をみたり、イヤホンやスピーカーを通して相手の声を聞くのは、リアルの会話に比べると臨場感がまるで違います。
3. 教材やレッスン形式に制約がある
立ったり歩いたりする形式で行うロールプレイや面接対策などは、ビデオ通話では行うことができません。また、画面スペースが限られているので、画面に教材をうつす場合は、相手の顔が小さい画面になってしまって、アイコンタクトがうまくできなかったり、教材が小さくなって見にくくなったりします。

ネットもパソコンも、どんどん技術的に進歩して使いやすくなってきていますが、

面と向かって行うレッスンと、パソコンの画面を通して行うレッスンとでは、やはりクオリティに差が出ます。

このことは、オンライン英会話サービスを検討するうえで知っておいたほうがいいでしょう。

 

オンライン英会話の特徴やメリット

では、ネットを使った英会話レッスンは、私たちにどのような恩恵をもたらしてくれるのでしょうか。

主な特徴やメリットを5つ紹介します。

 

1. とにかく安い

ぶたの貯金箱がうつっています

日常英会話コースのマンツーマンレッスンを受ける場合、通学制の英会話スクールでは、レッスン1回(40分)で6,000円ぐらいです。

しかも大抵は半年以上の契約になります。

つまり、長い期間通うという契約でレッスン単価を下げて、この値段が実現しているということ。

例えば月に4回受けるなら、月額24,000円が必要ということになります。

一方、オンライン英会話の場合、6,000円あれば1回(25分)のレッスンが1か月間毎日受けられます。※このプランを『毎日プラン』と呼びます。

つまり、6,000円あれば、1回25分のレッスンが、月に30回も受けられるということ。

破格の値段設定ですね。

 

これは受講生のための教室がいらないことが関係しています。

ネットでレッスンが完結するので、講師用のオフィスとネット環境、パソコンがあれば英会話スクールを運営できます。

また、通学制スクールは通いやすいように駅前に立地していることが多いですが、そうなると場所代が結構かかります。

オンライン英会話はオフィスを駅前に建てる必要がなく、省スペースで済むので、その分お金がかかりません。

なので、レッスン料金をかなり安くおさえることができるんです。

お金がなくてマンツーマンレッスンを諦めていた人や、料金がかさむことでレッスンを継続できなかった人にとって、

オンライン英会話はとても魅力的なサービスと言えます。

※スクールによっては、ネイティブではなくフィリピン人講師を雇うことで人件費を下げたり、講師をオフィスに出勤させず自宅からレッスンを提供するようにしたりすることで、さらに低コストを実現しているところもあります。

 

2. レッスン回数を増やせる

積み上げ棒グラフが4本、左から右にどんどん長くなっています。

レッスン単価が安いということは、それだけたくさんレッスンを受けられるということ。

結果的に、レッスンの回数をしっかり増やすことにつながります。

また、好きな時に講師を探し、予約し、レッスンを受けることができるというネットの特性に注目して、たいていの企業はかなりたくさんの講師を雇っています。

これもレッスン回数を増やすのに役立っていると言えるでしょう。講師が多ければ「予約できる講師がいない!」なんてことにならずに済みます。

なんとここ最近では、講師を常にスタンバイさせておくことで、予約をせずに何回でもレッスンを受けられる「受け放題サービス」まで登場しています。

ネイティブキャンプが実施しているこのサービスは月5,500円の定額で、空いている講師であれば、何回でも上限なくレッスンを受けることができます。

マンツーマンレッスンの回数が増えると、それだけ英語をつかって話す量が増えますよね。

普段なかなか英語を話す機会がない日本では、義務教育で英語を学んでも知識をつかう場がないため、スピーキングが苦手な人が多いですが、

オンライン英会話の登場で、アウトプットをどんどん行うという学習法が可能となったことで、

嬉野さん(以下)のように、ネットで英会話を習得したという人が増えてきています。

 

3. 通わなくていい

部屋の中でオンライン英会話を楽しんでいる様子です。

オンライン英会話を利用すれば、ネットをつかってレッスンが受けられるので、英会話教室に通う必要がなくなります。

パソコンやネット、ビデオカメラなど必要なものさえ用意できれば、

極端な話、起きてすぐ英会話レッスンということが可能です。

英会話教室に通おうと思ったら、身支度する時間や、教室まで移動する時間、終わったあとの移動時間などを計算に入れて行動しないといけません。

また、最寄り駅に教室がなければ、

そこまでいくのに余分に電車を乗り換えたり、自転車や車をつかって出かけたりしないといけなくなりますよね。

これがオンライン英会話だと、ただパソコンをネットにつなぐだけで、すぐにレッスンが始められるので、貴重な時間をロスしなくて済みます。

あと、スマホやタブレットでもレッスンを受けられるので、

残業や急用が入ってレッスン時間に帰宅するのが難しくても、カフェや外でレッスンできるというメリットもあります。

かなり融通が利くということですね。

まぁこれは、オンラインでのレッスンにだいぶ慣れていることが前提になってしまいますが…。

 

4. いつでもすぐレッスンできる

時計とコーヒー、本がうつっています。時刻は23時です。

オンライン英会話は、講師の検索から予約、レッスン、レッスン後のフィードバックまで、全てインターネットで完結します。

また、24時間体制、予約は15~30分前から可能というところが多いので、

残業が多くて夜が遅い、逆に朝が早い、昼夜逆転の生活を送っている、海外に住んでいるなど、どんな状況にあっても

思い立ったときや時間が空いたときにすぐレッスンを受けることができます。

 

5. ネットで自由に選べる

女性がカフェの窓際でパソコンをつかっているところ。ネットサーフィンをしています。

オンライン英会話は、ネットでサービスを選んで入会し、講師や教材、コースやカリキュラムなどもネットで選び、気に入らなかった場合もネットですぐ解約できます。

もちろん、過度なセールスや半年・年契約といったしばりもありません。

月額料金が安いので、複数のサービスを用途や講師、教材などによって使い分けることもできます。

オンライン英会話は自由度がとても高い仕組みと言えます。

 

オンライン英会話が選ばれる理由

MMD研究所というところが行ったオンライン英会話に関する利用実態調査(2014年10月1日)によると、

【オンライン英会話を利用しようと思った理由】の回答結果は、以下のようになっています。

  • オンライン英会話という新しいサービスが気になったから: 70.8%
  • 通う必要がないから: 55.8%
  • 価格が安いから: 51.4%
  • 自宅でできるから: 48.2%
  • 時間を気にせず自由に受けられるから: 35.2%
  • 周りで使っている人がいたから: 17.8%
  • その他: 0.6%
    ※複数回答なので合計しても100%になりません
    ※調査対象: 20代~50代、男女500人

たくさんの人がオンライン英会話の安さや利便性に魅力を感じていることが分かりますね。

 

挑戦して得られるメリットは大きい

さて、これまでオンライン英会話の特徴、メリットやデメリットについて説明してきましたが、いかがでしたか。

パソコンをつかっているため、どうしてもコミュニケーションに制約は発生しますが、

費用や労力といったコスト面では、英会話教室に比べて断トツでメリットがあります。

また、利便性も高く、柔軟にレッスンを設計できることも魅力的ですね。

もしあなたがオンライン英会話のプラス面に惹かれるなら、挑戦して損はないと思います。

近年サービスの利用者が増加しているのも、サービス品質が向上してきているからなので、心配していることの大半は杞憂に終わる可能性もあります。

ビデオ通話システムのダウンロードや操作方法についてサポートしてくれるスタッフ窓口があったり、初心者用の教材があったりもしますので。

私が初めてオンライン英会話レッスンを受けたときの体験談はこちらにまとめました。体験談というか失敗談なんですが…⇒ オンライン英会話の体験談ー初めてレッスンを受けたらどうなる?

 

日本人バイリンガル講師から始めてもOK

「どうしても挑戦する意欲がわかない・・・でも興味はある!」

という人は、日本人バイリンガル講師のオンライン英会話サービスを選んでみてはいかがでしょう。

日本語でレッスンを受けることができるので、挑戦するハードルがかなり下がると思います。

*紹介記事はこちら⇒ 洋楽、日記、ドラマ・映画レッスンで、オンライン英会話を趣味に!

初めての人は、お試しで無料体験レッスンを受けることもできるので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。