習慣をつくって英会話の勉強を続ける方法

英会話の勉強は1ヶ月やそこらで終わるものではないので、学習を着実に続けられるような習慣をつくることが大切になります。どんなに良い教材を選んでも、学習時間を確保できなければ挫折してしまうし、気合いやモチベーション頼りになってしまうと、伸び悩んだり壁にぶつかったりしたときに学習が続かなくなってしまいます。そこでこの特集では、英会話の学習習慣をつくるのに有効なアイディアや学習法を紹介したいと思います。
少し高い建物の上から見た都市部の街並み。早朝なので少し薄暗く、地平線から朝日がうっすら射し込んでいます

1. 朝型のライフスタイルに変える

いつもより早く起きて英語の勉強をしてみてはいかがでしょう。慣れるまでは少し眠いかもしれませんが、習慣になると生活リズムが改善し、集中力も高くなって勉強がはかどるようになります。早起きの工夫や勉強のコツを紹介しますね。

⇒この記事を読む

朝早く木漏れ日のあたる小道を背伸びをしながら歩いている女性が写っています。

2. ウォーキングの時間を活用する

健康促進やダイエットに効果的なウォーキング。英会話の学習を組み合わせれば一石二鳥ですよ。サクサク歩きながら勉強することで集中力が高まり、ストレスフリーでリスニング力や語彙力を高めることが出来るのでお勧めです。

⇒この記事を読む

地下鉄のホームで男性が電車を待っているところです。

3. 通勤時間の合間に勉強する

家から最寄り駅まで、電車の中や乗り換えの間など、通勤時間を利用して勉強する方法です。意識しなくても毎日決まった時間を確保できるので、学習習慣をつくりやすいと言えるでしょう。特に忙しい人にお勧めの学習法です。

⇒この記事を読む

手帳とスターバックスのコーヒーカップをもった男性がカフェの席に座ろうとしているところです。

4. 強制力のある学習法を選ぶ

教材や学習法を選ぶときに「強制力」に注目する方法。通学制スクールで言えば「契約した以上通わなければならない」というものがこれにあたります。強制力を利用することで、自分にある程度負荷を与えて、サボりにくくするというやり方です。

⇒この記事を読む

間接照明とその光に照らされた本がうつっています。夜寝る前に勉強をしている様子です。

5. 寝る前の時間に勉強する

枕元に勉強道具を置くなどして、寝る前に英語を勉強するという方法です。この方法の良いところは、通勤学習のように、ほぼ確実に勉強時間を確保できるところ。ただし、学習内容には向き不向きがあるので注意が必要です。

⇒この記事を読む

その他の特集コンテンツ