オンライン英会話を無理せず続けて、習慣化させる方法

机の上にパソコンが置かれています。その横には教材が積まれています。

オンライン英会話は、スピーキング力を効率的に鍛えられるサービスです。

利用者の満足度は非常に高く、利用した人の96%が「今後も使いたい」と答えているという調査結果もあります。オンライン英会話に関する利用実態調査 – MMD研究所

でも実は、オンライン英会話を長く続けるのは、とても難しいんです。

私も何度か挫折していますが、おそらく場当たり的に利用しても、半年も続かずに辞めてしまう可能性が高いでしょう。

すでに継続の難しさを実感している人もいるかもしれません。

そこで今回は、

  • なぜオンライン英会話は続けるのが難しいのか
  • どうすればオンライン英会話を長く続けて習慣化できるのか

について、経験から分かったことをシェアしたいと思います。

オンライン英会話は「継続」がポイント

オンライン英会話レッスンを受けている女性のイメージ写真です。

オンライン英会話は、インターネットやビデオチャットの仕組みをつかって

オンラインで英会話レッスンを受けることができるサービスです。

レッスンは1回25分、会話の相手はネイティブ講師やフィリピン人講師など外国人講師というケースが多いです。

これまで英会話レッスンというと、駅前の英会話スクールに通わなければなりませんでしたが、

オンライン英会話の登場により、すきま時間を利用して自宅やカフェなどで、英会話レッスンを受けられるようになりました。

 

1年でかなり話せるようになる

オンライン英会話は、しっかり続けることができさえすれば、非常に効果的な学習法です。

特に、日本人が苦手と言われているスピーキングに効果的。

「英語は使えば使うほど、どんどん話せるようになる」

と言われるように、

英会話は「慣れ」によるところが大きいからです。

日頃から英語を聞いたり話したりする習慣をつくることができれば、1年でかなり話せるようになります。

 

1年でどれぐらい話せるようになる?

もちろん個人差はあると思いますが、私の経験からお話しすると、

オンライン英会話を始めたとき、ほぼ英語が話せなかった状態・・・から、

だいたい週に2回のペースでレッスンを受けて、1年後には CEFR でいう【B1】レベルに到達しました。

【B1】レベル: 社会生活での身近な話題について理解し、自分の意思とその理由を簡単に説明できる

※CEFRとは、客観的に英語力をはかる物差しとして、さまざまな英会話スクールで使われている指標です。

1年は52週なので、週に2回のペースだと、52週×2回=104回。

つまり、約100回レッスンを受けて上記のレベルに達したことになります。

 

ちなみに、オンライン英会話をフル活用して
英会話初心者レベルから英語で仕事をできるレベルに到達したという嬉野克也さんは、

著書である「 36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました 」の中で、次のように話しています。

「オンライン英会話は、どれぐらい続けたら英語を話せるようになるのか?」これは僕自身が抱いていた疑問でもあり、ほかの人からもよく質問されることです。

-(中略)-

僕の経験では、レッスンを約100回受講したあたりで、ある程度の成長を感じました。「お、英語で結構話せてるかも!」という手応えのようなものがあり、ようやく自信がもててきた、という感じです。

具体的には、挨拶とお礼ぐらいしかいえない状態から、近況報告、自分の仕事の説明、仕事に関する意見をいう、冗談をいって笑いを取る、相手の冗談を理解して笑える、ニュース記事の音読とディスカッション、予習した上で即興ではないスピーチなどが、なんとかできるようになっていました。(嬉野2016:144-145)

嬉野さんは、週3回を続けて約7ヶ月で100回に到達したそうです。

毎日1回25分のレッスンを3ヶ月続けて約90回なので、

短期集中で本気になって頑張れば、上記のレベルに約3ヶ月で到達できることが分かります。

 

継続率は… 半年で70%が脱落。

「週2回のペースで1年間」と聞くと、やれそうな気がしてきませんか?

(1回たった25分だし・・・)

でも実は、そう簡単な話でもないんです。

 

オンライン英会話の継続率はどのくらいか知っていますか?

MMD研究所というところが行った「オンライン英会話に関する利用実態調査」によると、

【11. 現在利用しているプランの利用期間】の回答結果は、以下のようになっています。

  • 3ヶ月未満: 25.6%
  • 3ヶ月以上6ヶ月未満: 44.8%
  • 6ヶ月以上9ヶ月未満: 20.0%
  • 9ヶ月以上1年未満: 3.6%
  • 1年以上: 6.0%
    ※調査対象: 20代~50代、男女500人
    ※本データは会員のみ閲覧可

驚いたことに、アンケート時点で1年以上プランを継続している人はたった6%しかいません!

継続期間6ヶ月以上を全て足し合わせても、29.6%

つまり、約70%の人が、半年も続けられていないということが分かります。

一方で、【21. オンライン英会話の継続意向】という項目では、

実に96.0%の人が継続してオンライン英会話を利用したいと答えています。

「続けたいのに続けられない・・・」

そんな状況が生まれているのかもしれません。

 

ちなみに、途中でプランを変更したり、オンライン英会話サービス自体を乗り換えた場合は、

たとえオンライン英会話を利用し続けていたとしても、先ほどの調査結果には反映されないはずです。

(質問は『現在利用しているプランの利用期間』となっています)

そこで念のため、ほかの調査結果もチェックしてみます。

 

3ヶ月でほとんどが挫折!?

英会話イメージリンク編集部による「オンライン英会話の継続期間に関する調査」によると、

【オンライン英会話をどれくらいの期間続けられましたか?】という質問に対する回答は以下のようになっています。

  • 申し込んだが、一度も利用せずにやめてしまった: 16%
  • 3日以内にやめてしまった: 6%
  • 1週間以内にやめてしまった:  5%
  • 1ヶ月以内にやめてしまった: 30%
  • 3ヶ月以内にやめてしまった: 27%
  • 3ヶ月以上続けられた: 16%
    ※調査対象: オンライン英会話を申し込んだ経験のある人

こちらの調査では、3ヶ月以上続けられた人は16%しかいません。

つまり、残りの84%は3ヶ月経たずしてやめてしまったという結果になっています。

回答数が111人と少なめなので、少し正確性に欠ける気もしますが、

「オンライン英会話を続けることは、思いのほか難しい」ということが分かっていただけたのではないでしょうか。

 

続かない理由は、精神的ハードル

オンライン英会話は、とても便利な仕組みです。

予約はたいてい15分~30分前にできるし、講師も教材もレッスン内容も、予約ごとに柔軟に変更することができます。

価格は月5,000円ほどで、安いところなら月3,000円から始められますし、

24時間体制のところがほとんどなので、思いついたときにいつでも好きなレッスンを受けることができます。

それなのに何故、
こんなにもオンライン英会話を続けられない人が多いのでしょうか。

通学制スクールに比べたら維持費はそこまで高くないし、

1回25分のレッスン時間ぐらいなら、どんなに忙しくても捻出できそうなものですが・・・

(実際、オンライン英会話サービスはどれも、上記のような「安さ、手軽さ、便利さ」をウリにしています)

 

物理的ハードル vs 精神的ハードル

実は、オンライン英会話が続かない主な原因は、物理的ハードルよりも精神的ハードルにあります。

どういうことかというと・・・

 

まず、物理的ハードルとは、
「オンライン英会話を利用できない物理的な原因」のことです。

例えば、こんな感じ。

物理的ハードルの例

  • 忙しくて時間がとれない
  • サービスを継続するお金がない
  • ネットの調子が悪くて使えない
  • 疲れていてレッスンを受けられない

つまり、「時間がない」「お金がない」「レッスンを受けられない」のような物理的な要因を指します。

 

一方で、精神的ハードルとは、
「オンライン英会話を利用できない精神的な原因」のことです。

精神的ハードルの例

  • 外国人講師相手にレッスンを受ける勇気が出ない
  • レッスンのたびに疲れるので億劫になっている
  • 英語を話すのが恥ずかしい
  • 緊張しすぎて前向きな気持ちになれない
  • 1対1のコミュニケーションが苦手
  • うまくいくか毎回不安になる
  • やる気が出ない、モチベーションが上がらない
  • 学習上の不安や疑問を抱えている

つまり、物理的にレッスンを受けられる状態にあるのに、

レッスンを受けることを躊躇してしまう、何らかの精神的な要因のことを指します。

 

実はこの精神的ハードルが、

学習者を悩ませる【頭痛の種】になるんです。

 

例えば、いくら1回25分で短時間といえども、

英語で聞いて英語で話すということを、外国人相手に25分続けるのは、

かなり気を張るので、正直とても疲れます。

英会話初心者だと余計に難しく感じるでしょう。

また、英会話レッスンはうまくいくことばかりではないし、相性の悪い講師にあたることもあります。

そういう経験をすると、悪いイメージや経験が尾を引いてしまい

レッスンを受けることに心理的な抵抗を感じるようになってしまいます。

 

オンライン英会話は、学習上の不安や疑問を抱えやすい

特に大きなハードルとなり得るのが
学習上の不安や疑問を抱えてしまうという問題です。

これは通学制スクールと比べてみると分かりやすいと思います。

 

通学制スクールは、最初にカウンセリングを実施して、目標に合わせて詳細な学習計画を立ててくれます。

通うのは面倒ですが、段階的に必要なカリキュラムが用意され、

疑問や不安を抱えたときには、講師やスタッフなど、相談にのってくれる相手がいます。

 

一方で、オンライン英会話の場合は、
自分で学習計画を立て、必要なレッスンを選ばなければなりません。

最近では、カウンセリング窓口やカリキュラムをつくっているところもありますが、

通学制スクールのように、個々の事情やレベルに合った的確なアドバイスをもらえるとは期待しないほうがいいでしょう。

そもそも名前すら知らない不特定多数の人に対して、一人ひとりに合ったサービスを提供するのが無理な話です。

 

学習上の不安を抱えながらレッスンを継続するのは至難の業です。

「これで本当にいいのかな・・・」
「どうすればいいんだろ?」

こんな思いを抱えてしまっている「自分の気持ち」を無視しながら

とりあえずレッスンを受け続けていても、

モチベーションを維持することができなくなり、いずれ続けられなくなるでしょう。

 

オンライン英会話を習慣にする方法

机の上にパソコンとコーヒー、手帳が置かれています。

ここからは、オンライン英会話を長く続けて習慣化させる方法について、

効果的なアプローチを3つシェアしたいと思います。

 

これまでみてきたように、
オンライン英会話の継続を阻むのは、主に精神的なハードルが原因です。

ですので、精神的なハードルを無くす、もしくは限りなく低くするというアプローチが有効になります。

 

 

1. レッスン頻度をコントロールする

たくさんのランナーが路上を走っているところ。マラソンの写真です。

1つ目の有効なアプローチは、レッスンを受ける頻度を自分でコントロールするというものです。

例えば、週に2回のペースを1年続けたい場合。

【余裕がある期間は週に3回~4回、余裕がないときは週に1回】

というふうに、自分でレッスンのペースをコントロールします。

【平日に時間がとれないときは、週末をつかって一気に5回レッスンを受ける】

などの工夫をしてもいいでしょう。

 

オンライン英会話の『毎日プラン』に注意

なぜレッスン頻度をコントロールすることが重要なのでしょうか。

それは、

ずっと同じペースでレッスンを受けようとすると、

レッスンを消化することがノルマ化してしまい、精神的ハードルが高くなってしまうからです。

「やる気が出なくても、不安に思うことがあっても、同じペースでレッスンを受けなければいけない」というのは、自分自身を精神的に追い込むことにつながります。

 

特に注意が必要なのが、毎日プランと呼ばれているもの。

これは「月額6,000円で1回25分のレッスンが毎日受けられる」というようなものです。

実はこのプラン、1日に受けられるレッスンは1回までで、受けられなかった分を翌日に繰り越すことはできず、もちろん未消化分の返金もありません。

こうなると、同じ金額を払うのなら、毎日話さないと損!という気持ちになりますよね。

 

毎日プランは、レッスンを休めば休むほど抵抗感が増していく

最初のほうはモチベーションが高く、毎日レッスンを受ける計画を立ててから始めているので、なんとか頑張れる可能性が高いですが、

すでにふれたように、上手くいくことばかりではありません。

レッスンを受けられない日や、休みたい日も出てくるでしょう。

すると、どうなるでしょうか。

 

毎日プランの場合、1回、2回、3回とレッスンを受けられない日が溜まっていくと、

「またレッスンを受けられなかったなぁ・・・」

というふうに、どんどん心理的な抵抗感が増していくんです。

そして、毎日1回レッスンを受ける権利があるので、

「今日は受けられるかな?」
「今日こそ頑張らなきゃ」
「あぁ、今日もダメだったか・・・」

という心の葛藤と毎日向き合うことになります。

 

また、受けられなかった分は返金されないので、

たとえ月に8回しか受けられなかったとしても、きっちり1ヶ月分(この場合6,000円)の請求が届くわけです。

そうなると、

計画を達成できなかったという挫折感や自責の念にかられ、レッスンを続けるのが辛くなっていきます。

そして、そのような状況が長く続くと、最終的に挫折してしまいます。

 

これは、スパルタコーチの過度なトレーニングについていけず、「もうついていけません!」とその場に崩れ落ちるのに似ています。笑

女性が前かがみになって倒れ込んでいるイメージです。

すでにオンライン英会話の活用に慣れている人や、英語の学習だけに時間を投資できる人、英会話レベルが高い人は上手くいくかもしれませんが。。

 

契約プランのペースよりも「マイペース」の方が大事

オンライン英会話を確実に習慣化させたいなら、
レッスンの頻度をコントロールして、自分のペースを大事にしましょう。

そうすれば、無理のない学習のペースをつくることができ、

精神的な余裕をもって、レッスンを受けられるようになります。

 

毎日プランを否定するわけではありませんが、

まだオンライン英会話を習慣にできていないという人は、

毎日プランではなく、回数制やポイント制を利用するといいでしょう。

「有効期限(たいてい1ヶ月)の間に、規定の回数やポイントを消化すればいい」という契約なので、

受けられる日は毎日、無理なときは週に2回、モチベーションが高いときは一気に1日3レッスンといった形で、

自分のペースを大切にしながら、柔軟にレッスン頻度をコントロールできます。

 

2. 疑問や不安をどこかで解消する

女性がパソコンの前で考え事をしているところです

オンライン英会話を利用しているなかで疑問や不安が生じたときは、そのままにしておかず、必ずどこかで解消するようにしましょう。

すでにお伝えしたように、疑問や不安を抱えたままにすると、

レッスンを継続するモチベーションを維持できなくなります。

 

例えば、以下のような気持ちを抱えている自分をイメージしてみてください。

  • レッスンを受けるのが苦痛で仕方ない
  • 最近、英語学習に全く身が入らない・・・
  • 成長実感がないけど、意味あるのかな?

このような状態で、レッスンを受け続けることができるでしょうか。

かなり難しいですよね?

 

疑問や不安は、レッスンの頻度を落としてでも解消すべき

オンライン英会話を習慣化させたいなら、なによりも大切なことは、「やめないこと」です。

無理してレッスンを続けても、挫折してしまっては意味がありません。

どうしても気になることがあってレッスンに身が入らないなら、
レッスンを受けずに疑問・不安の解消に集中しましょう。

必要なら1週間ほど費やして、じっくり考えてもいいと思います。

 

慣れるまでは思うようにペースが上がってこなくて、もどかしい思いをするかもしれませんが、

丁寧に疑問や不安を解消していくことで、少しずつレッスン数を増やしていけるようになります。

また、その過程で様々な壁を乗り越えることになるので

英会話力を着実に高めながら、挫折しにくい習慣をつくっていけるようになります。

 

3. ハードルが低いサービスを選ぶ

日本人のバイリンガル英会話講師がこちらに微笑みかけています。

レッスン頻度をコントロールしたり、疑問や不安の解消を進めたりしても、思うようにレッスンを進められないときは、

そもそも、今使っているオンライン英会話サービス自体が、自分に合っていないのかもしれません。

特に、

英語だけで外国人講師と話すサービスは、初心者にとって精神的ハードルが高く、レッスンを成立させるのさえ難しいはず。

 

そんなときは、レッスンの精神的なハードルが低いサービスを利用しましょう。

そうすることで、

レッスンのたびに気合いや勇気を振り絞る必要がなくなり、スムーズに学習習慣をつくることができるようになります。

 

バイリンガル日本人講師による、オンライン英会話スクール

そこでお勧めなのが、バイリンガル日本人講師によるレッスン。

家庭教師のように、
こちらの理解力にあわせて、日本語を交えながら丁寧に教えてくれるのが特徴です。

また、外国人講師によるレッスンとは違うメリットがたくさんあります。

日本人講師のメリット

  • 同じ日本人として英語の習得に苦労した経験から、的確なアドバイスをしてくれる
  • 文法や発音、英訳などに関する日本人ならではの疑問に答えてくれる
    (例:敬語的表現、中学校で習ったことと実際の使い方の違い、など)
  • 日本人の学習状況を理解しているため、英検、海外出張の対応、キッズ英会話など、個別性の高いニーズに的確に対応してくれる

ほかにも、外資系企業の面接にむけて練習をしたり、TOEICで高得点をとる学習法を聞けたりと、

こちらの希望に合わせて、かなり柔軟にレッスンを組み立てることができます。

 

おすすめオンライン英会話スクール2校

最後に、日本人講師によるレッスンを提供しているスクールのうち、ポイント制で利用できるところを2つ紹介しておきます。

すでにお伝えしましたが、ポイント制は、必要なときに必要なだけポイントを使えばいいので、

毎日プランとは違ってレッスン頻度をコントロールしやすく、習慣化させやすいというメリットがあります。

ポイント制: 講師によって必要ポイントが違うので、どの講師を選ぶかで受けられるレッスン数が変わります。回数制チケット制にくらべて受けられるレッスンに増減がありますが、最初に必要な分だけ購入するという意味では、ポイント制も回数制やチケット制と変わりません。

どちらのスクールも無料体験レッスンを受けることができるので、

この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

1. ワールドトーク

ワールドトークのTOP画面です。

予約時に細かい要望を出せて、
講師と一緒にレッスンをつくっていくことができるスクールです。

公式ホームページ:ワールドトーク

 

レッスン依頼画面

ワールドトークのレッスン依頼画面です。

 

ワールドトークのレッスン方針記入フォームです。

 

また、オンライン英会話の中では非常にめずらしく、
事前に講師と直接メッセージをやりとりすることもできます。

ワールドトークのメッセージフォームです。

レッスン内容や日時の相談を手軽にできていいですよ。

 

おすすめの使い方

  1. 講師プロフィールに「提供できるレッスン」「経歴・英語歴」が詳しく載っているので、自分に合いそうな講師をじっくり探す
  2. 月3,000円から始められ、途中でポイントを追加できるので、無理せず少しずつレッスンを増やしていく
  3. 直接メッセージをやりとりできるので、疑問や不安はレッスン前に解消する。または、疑問や不安を解消できるようなレッスンを依頼する
  4. なるべく同じ講師にレッスンを頼む。スケジュールが空いていなくても、直接メッセージを送って相談すれば、予定を空けてくれることが多い

日替わりで先生を変えず、継続的に同じ講師に頼むことで、

こちらのことをよく理解したうえで、アドバイスをしてもらえるようになります。

良い講師にめぐりあうことが出来れば、その後の学習や英語に対する姿勢が大きく変わることもあるので、

気になる講師がいたら思いきってレッスンを受けてみてください。

ワールドトークで講師を探してみる】

 

 

2. エイゴックス

エイゴックスのTOP画面です。

日本人講師だけでなく、ネイティブ講師、フィリピン人講師も在籍しているスクールです。

公式ホームページ:エイゴックス

 

特徴

エイゴックスの講師紹介画面です。

保有ポイントを配分して、日本人講師、ネイティブ講師、フィリピン人講師を使い分けることができるユニークなスクールです。

必要ポイント数は、ネイティブ講師→日本人講師→フィリピン人講師の順番に高くなっています。

 

おすすめの使い方

  1. オンライン英会話に慣れるまでは、お気に入りの日本人講師を探して、定期的にレッスンを見てもらう
  2. レッスンに慣れてきたらネイティブ講師、フィリピン人講師とのレッスンにチャレンジする。
  3. レッスンを継続している途中で疑問や不安が生じたら、日本人講師とのレッスンできちんと解消する。

フィリピン人講師の必要ポイントは低く設定されているので、

短期集中でスピーキング力を鍛えたいときは、毎日プランのようにレッスンの数を一気に増やすこともできます。

海外ドラマやNHKラジオ講座をつかったレッスンもあるので、

英会話レッスンを趣味として楽しみたい人にもお勧めですよ。

エイゴックスのホームページを見てみる】

 

この機会にオンライン英会話を初めてみたいという方は、こちらも参考になると思います↓↓