とにかく楽しい!ドラマ仕立てのリスニングアプリで英語耳を鍛えよう

スマートフォンとイヤホンが切り株の上に置かれています。

「すきま時間にリスニング力を鍛えたい!」

「でも興味のない会話文や、難しいラジオニュースなんかは嫌!」

そんなあなたにお勧めしたいのが、
自分のレベルにあったドラマ仕立てのストーリーで、リスニング力を鍛えられる【スタディサプリ(ENGLISH)】。

内容理解・単語クイズ、ディクテーション機能や、発音の変化などを学べる動画などもあるので、ずっと使っていても全然飽きずに楽しめますよ^^

スタディサプリ(ENGLISH)

スタディサプリのロゴです。

「スタディサプリ」と聞くと、受験生向けの講義動画が見放題になるサービスをイメージする人もいるかもしれませんが、

この「スタディサプリ(ENGLISH)」は、全く別物です。

開発したのはスタディサプリと同じリクルートですが、受験生用ではなく、英語を学びたい人を対象にしたアプリとしてつくられています。

【アプリの詳細はこちらから ⇒ スタディサプリ ENGLISH

 

スタディサプリ(ENGLISH)で学べること

男性がスマートフォンを操作しているイメージ写真です。

このアプリの大きな特徴として、

自分のレベルに合ったドラマを通して、英会話に必要なリスニング力を鍛えられる

というのが挙げられます。

最初に簡単なレベルチェッククイズを受け、最適なコースを選択したあと、

主人公が遭遇する様々な出来事やシチュエーションを疑似体験しながら、楽しく英語を学んでいくことができるように設計されています。

料金は月額980円。1週間無料でつかえるお試し期間も設けられています。
(1週間以内に解約すれば料金はかかりません)

内容がとても充実していて、スマホでいつでもどこでも勉強できるので、

カフェランチ1回分だと考えれば安い!
(…かな?まぁこのあたりの感じ方は人それぞれですが ^^; )

 

それでは、実際の利用画面を使って、出来ることを1つずつ紹介していきますね。

 

1. 内容理解クイズ

英語で展開されるストーリーを聞き取り、内容に関するクイズに答えます。

スタディサプリの利用イメージです。聞き取りのポイントが書かれています。

 

登場人物の間で交わされる会話から、
どういうストーリーなのか、何が起きているのかを想像しながら聴いていきましょう。

スタディサプリの利用イメージです。ストーリーが展開されているところです。

 

右下にある「速度」というボタンから、自分の好みの会話スピードに調整することが出来ます。

スタディサプリの利用イメージです。会話スピードを変更しているところです。

 

クイズに答えたあとは、解説を読みながらストーリーの理解を深めていきます。

スタディサプリの利用イメージです。解説画面です。

 

ストーリーは、クイズに答える前に何度も聞き直すことができます。

繰り返し聴くことで会話に耳が慣れてくるので、
聞き取れる英語を増やすために、積極的に繰り返し聴くようにしましょう。

また、会話スピードを最初から「速い」に設定しておき、

「ネイティブ同士が自然に会話するスピード」にチャレンジしてから、分からなければ速度を落とす、という順番で取り組むのも効果的です。

 

2. 単語クイズ

ストーリーの中で出てきた重要単語について学びます。

スタディサプリの利用イメージです。単語クイズのスタート画面です。

 

単語が発音されるので、適切な答えを選択します。

スタディサプリの利用イメージです。単語クイズの出題画面です。

 

問題に答えたあとは、単語のつづりと発音、意味を確認できるようになっているので、間違えた単語を覚えるようにしましょう。

ちなみに、この後のレッスンで、ストーリーの英文を読んだり、ディクテーションをすることになるので、

何度も単語にふれることで、自然に覚えられるようになります。

 

3. ディクテーション

次は、登場人物のセリフを英語で書きとる「ディクテーション」に挑戦します。

スタディサプリの利用イメージです。ディクテーション画面です。

 

ディクテーションは、リスニング力を高めるのにとても有効です。

会話の内容を理解しているだけでは、英語を単語レベルで書きとることができないので、集中して耳を澄まさないといけなくなるからです。

また、音声変化により発音が変わったり、接続詞や冠詞が聞こえなくなったりもするので、英語特有のルールに耳を慣れさせるのにも効果を発揮します。

 

4. 会話文チェック

登場人物のセリフを、英語と日本語で確認します。

スタディサプリの利用イメージです。会話文のスクリプトと音声をチェックしているところです。

 

また、ストーリーに出てくる表現の中で、とくに重要なものについて解説を読んで理解します。

スタディサプリの利用イメージです。重要表現の解説です。

 

会話スクリプトは、使える英語表現や文法の宝庫です。

英文をじっくり読み込んで、参考になるフレーズはないか、英語の語順や組み立てはどうなっているか、などをチェックしましょう。

 

5. なりきりスピーキング

登場人物になりきってロールプレイングを行います。

スタディサプリの利用イメージです。スピーキング練習でなりきる役を選んでいるところです。

 

英語の文章をそのまま読むことも、日本語の文章を英語に訳して読むこともできるので、目的に応じて選びましょう。

スタディサプリの利用イメージです。字幕を日本語か英語か選んでいます。

 

流れるセリフを真似して英語を読みあげると、アプリが音声を認識し、発音が悪いところは赤文字で示されます。

また、自分の声が自動的に録音されるので、
自分の声とお手本とを見比べながら、正しい発音に矯正することが出来ます。

スタディサプリの利用イメージです。発音チェックの画面です。

 

発音を練習するときは、なるべく大きな口をあけて
ハキハキした声でクリアに発音することを心がけましょう。

鏡を用意して、自分の口の動きを見ながら発音しても効果的です。

また、ネイティブの会話スピードにも挑戦してみてください。

最初は速すぎてかんでしまったり、モゴモゴと伝わりにくい英語になってしまいますが、

何度も挑戦しているうちに、口の動きがスムーズになってきます。

発音できる英語は聞き取りやすくなるので、
スピーキング練習もリスニング力を鍛えるのに欠かせません。

 

6. リスニングPLUS

スタディサプリには、「リスニングPLUS」というコンテンツもついています。

スタディサプリの利用イメージです。リスニングPLUSの解説画面。

 

これは、レッスンの結果をアプリが評価して、
弱点を克服するために必要なレッスンが、自動的に追加されるというもの。

実は、英語には「音声変化」というものがあり、人によって「聞こえる」「聞こえない」には個人差があります。

 

6つの音声変化

  1. 連結(つながる音)
  2. 脱落(落ちる音)
  3. 同化(変わる音)
  4. 短縮(短くなる音)
  5. 弱形(弱くなる音)
  6. 変形(やわらかくなる音)

※分類の仕方は様々。ここではスタディサプリの分類を用いています。

リスニング力を上げるためには、
自分が聞き取れない音声変化について、ピンポイントにトレーニングする必要がありますよね。

それを可能にしてくれるのが「リスニングPLUS」なんです。

 

ちなみに、それぞれの音声変化について詳しく解説している動画も視聴できるようになっています。

スタディサプリの利用イメージです。音声変化の解説動画です。

 

それぞれの音声変化について、具体的にどんな特徴があるのか、

英語の勉強を続けていくうえで、この機会に知っておくといいかもしれませんね。

1週間無料で試すことができるので、
興味のある人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

スタディサプリ ENGLISH で学習を始めてみる】