アルファベットの発音から始めて正確な英語の発音を身につける方法

アルファベットが並んでいます

どんなに長い英語の文章も、細かく見ていくと単語が集まったものであり、

その単語はアルファベット26文字から出来ています。

なので、正しい英語の発音を身につけるには、アルファベットひとつひとつの音の出し方から学ぶのが早くて確実な方法です。

中学・高校では発音をきちんと学ぶことがないので、このことになかなか気づきにくいのですが・・・。

そこでこの記事では、正確な発音を身につける方法を基本から順を追って解説したいと思います

正しい発音は知識と訓練で身につく

学校の教室です。黒板の前に机がたくさん並んでいます。

私たち日本人は、学校で読み書き中心の教育を受けています。

ここで学校批判をするつもりはありませんが、発音に関してきめ細やかな指導を受けたという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

英会話には正確な発音が不可欠ですが、正確な発音を身につけるには、ネイティブの音の出し方を知識として知り、同じ音が出せるように口に出して訓練する必要があります。

有名な話ですが、日本語読みにすると同じ「ライス」でも、”rice” を “lice” と発音すると、rice(ごはん)が、lice(シラミ)になってしまいます。

r(アール)の「ラ」と、l(エル)の「ラ」を上手く出し分けできないと、このようなことが起こります。

日本語の「ラ」は、どちらかというとl(エル)の「ラ」に近いため、「ライス」が “lice” となり、「シラミ」になってしまうわけです。※rとlの発音の仕方が気になる方は⇒ riceとliceの違い(Youtube動画)

この他にも、

“th” は上の前歯に後ろから軽く舌をあてて、歯の隙間から息をふき「スー」っという音を立てる
“v” は上の前歯を下唇に軽くあてて、息を吐きながら「ヴー」と声を出す。

など、日本語では使わない音の出し方が英語にはたくさんあります。

それっぽく発音することで英語の音を真似することもできますが、

日本語の音をつかって英語の音を疑似的に再現しているにすぎないので、聞き取りにくい、誤解を招きやすい発音の域を出ることはありません。

正確な発音を身につけたいなら、
きちんと勉強して発音練習を行うようにしましょう。

 

正確な発音を身につける方法

女性が英語の発音を練習しているところです

正確な発音を身につけるための学習法といっても、やっておくべきことは、実はそこまで多くありません。

英語を聞いたり読んだりするのに必要となる発音の原則や基本ルールをひと通り理解し、

何度か発音をして口の動きや音を確かめてみる、という経験をしておけば大丈夫。

一度発音について学習しておけば、学習を進める過程で勝手にアンテナが立つので、

発音に気をつけたり、何度も口に出してみたりするように自然になります。

発音のルールには例外もたくさんあるので、最初から全て学ぼうとするのは現実的ではありません。

例外や後でも出来る事は学習の過程で解消することにし、

やっておかないと後で困ることに絞って、最低限の学習をするのが重要なポイントです。

 

それでは具体的な学習の仕方について説明していきます。

 

1. アルファベットの発音

まず最初に学ぶのがアルファベットの発音です。

初めにふれたように、英語はアルファベット26文字が組み合わさって出来ているので、

アルファベットの発音を学ばず先に進んでも、正しい発音は身に付きません。

 

学校では「エー、ビー、シー」と習ったと思いますが、

アルファベットを敢えてカタカナ表記にすると「エィ、ビィ、スィー」の方が英語の発音に近くなります

↓実際に聞いてみましょう↓

アルファベットの発音

引用: Ecom英語ネット – English lessons

口の開き具合いや舌の使い方、息の吐き方などが日本語と異なるため、このような違いがでます。

特に注意したいのが、m と n 、bとv、gとzなどの、紛らわしい発音。

しっかり練習して違う音が出せるようにしましょう。

ここをしっかり学習しておけば、
英語特有の音の出し方に、口や耳を慣れさせることができます。

 

アルファベットのパングラム

次の文章をみてください。

The quick brown fox jumps over the lazy dog.(俊敏な茶色のきつねが怠惰な犬を飛び越える)

これは、アルファベット26文字が全て使われている英文です。

※こういった言葉遊びをパングラム(pangram)といいます。

試しに “a” から順番に全てのアルファベットを探してみてください。

The quick brown fox jumps over the lazy dog.

すべて見つけられましたか?

英語がアルファベット26文字で成り立っていることを実感できたのではないでしょうか。

※アルファベットの名前や順番、大文字・小文字の書き方も、これから英語を学んでいうえで欠かせない知識です。自信がない人やこれから初めて英語を学ぶという人は、ノートに書きながら発音して、しっかり覚えるようにしましょう。

 

アルファベット読みの限界

さきほどの文章をもう一度みてみましょう。

The quick brown fox jumps over the lazy dog.

これを読むとこうなります。

ザ クイック ブラウン フォックス ジャンプス オウヴァ ザ レイズィ ドッグ

勘のいい人は気づいたかもしれませんね。

実はこの文章、「エィ、ビィ、スィー」などのアルファベット読みを知っているだけでは発音できないんです。

この文章だけでなく、
英語のほとんどの単語や文章は、アルファベット読みだけでは発音できるようになりません。

「アルファベット読み、意味ないじゃん!」

と言いたくなるかもしれませんが、そんなことはありません。

きちんとアルファベット読みも使われていますよ。

The quick brown fox jumps over the lazy dog.

この o(オゥ) a(エィ) の2文字は、アルファベット読みになります。

つまりアルファベット読みは必要なものですが、それだけでは十分ではないということ。

英語を読めるようになるには、アルファベット読みとは別に、フォニックスという知識が必要になります。

 

2. フォニックスとは

日本語に音読みと訓読みがあるように、実はアルファベットにも2つの読み方があります。

  1. アルファベット読み
    =名前読み
  2. フォニックス読み
    =音読み(おとよみ)

例えば、A, B, C, Dをアルファベットの名前で読むと「エィ、ビィ、スィー、ディー」になりますが、

フォニックス、つまり音で読むと「ア、ブッ、クッ、ドゥッ」となります。

このことから、フォニックス読みは『アブクドゥ読み』と呼ばれることもあります。

↓聞いてみましょう↓

フォニックス読み

引用: Ecom英語ネット – English lessons

アルファベット読みとは音の出し方が全く違うことが分かりますね。

 

fox が「エフ オー エックス」ではなく「フォックス」になる理由

ではフォニックスの知識をつかって、次の単語を実際に読んでみましょう。

The quick brown fox jumps over the lazy dog.

fox (きつね)は全てフォニックス読みをする単語です。

つまり、

  • f(エフ)
  • o(オゥ)
  • x(エックス)

ではなく、

  • f(フッ)
  • o(オ)
  • x(クス)

と音読みします。

※フォニックス読み “

※フォニックス読み “

※フォニックス読み “

引用(上記3動画): freeacademyjp

 

この3つの音を続けて読んでみてください。

  • f(フッ)
  • o(オ)
  • x(クス)

 ⇒「フォックス」

fox「フォックス」と読めましたね。

 

このフォニックスの知識をもっていれば、「何故その単語がその発音になるのか」が分かるようになります。

そして、フォニックスの正確な音を出せるようになれば、

その音を組み合わせて単語を正しい発音で読めるようになります。

↓こんなふうに↓

フォニックスと単語

引用: mpi

英語の大半はフォニックス読みになるので、単語を読むときは、まずフォニックス読みを当てはめてみましょう。

そして読めない部分にアルファベット読みを試してみると上手くいくことが多いと思います。

 

フォニックスの組み合わせルール

さて、これまでアルファベット読みとフォニックス読みをみてきましたが、

実はフォニックス読みは、アルファベット26文字以外にもあります。

例えば、例文の “brown” という単語。

The quick brown fox jumps over the lazy dog.

これまでみてきた音読みの仕方を当てはめて読むと、「ブロウン」になりますが、正しい発音は、『茶色い』という意味の「ブラウン」

これは、oとwがくっついて “ow“となったことで、「アウ」という読み方に変わるためです。

つまり

アルファベットが組み合わされることで、新しい音になるんです。

「え!?じゃあ、26文字 × 26文字 = 676通りルールがあるの!?」

と思われるかもしれませんが、そんなにありません。

まずは使うことが多い基本パターンを理解しておけば大丈夫。

基本をおさえたうえで、学習の過程で新しいルールや例外を学んでいくようにすれば、正しい発音を効率的に身につけることができますよ。

フォニックスルールを身につければ、英語の約75%が読めるようになると言われているので、ここをしっかり学べば、この先の英会話学習がとても楽になります^^

 

フォニックスのまとめとして、次の動画を観てみましょう。

“The quick brown fox jumps over the lazy dog.”の歌を通じて、アルファベット、フォニックス、発音の関係がよくわかると思います。
※歌が始まるのは、4:35から

The quick brown fox jumps over the lazy dog

引用: Alphablocks

動画の中で、肩を組んでいるブロックたちがいますね。そこが、アルファベットがつながることで音が変わっているところです。

 

ここまでアルファベットの発音とフォニックスについて説明してきましたが、

正確な発音を身につけるには、この2つを練習すれば大丈夫です。

1つ1つの音を、鏡を見ながら口に出して練習し、単語を聞いたり読んだりしているうちに、英語の正確な発音がどんどん身についていきます。

しかもフォニックスの知識を身につけることで、かなりの量の英語が辞書なしで読めるというオマケつき!

発音がきれいになって英語の文章がスラスラ正しく読めるようになるなんて、一石二鳥ですね^^

 

おすすめのフォニックス教材

実は発音教材に比べると、フォニックス教材の数はそこまで多くありません。

発音教材の中にフォニックスの知識や考え方が含まれているものは多くあるのですが、フォニックスの説明から実践練習までが一冊にまとまった本は、大きな本屋でも5冊あるかないか、といったところでしょう。

イギリスやアメリカなどでは、フォニックスは初等教育に位置付けられていますが、日本ではまだ広く認知されていないのが現状のようです。

ここでは、私が実際に活用した2冊を紹介します。

フォニックスってなんですか?

  • 子供をもつ親向けに書かれている本。そのため、解説がシンプルで分かりやすくイラストも豊富。
  • 載っているフォニックスルールも頻出のものからグループ分けしてまとめてあるので、とっつきやすく、フォニックス初心者におすすめ。
  • エクササイズも必要最低限の量にしてあり、その気になれば10日ほどで終わらせることができる。

こんな人におすすめ:短期集中でざっと内容をおさえ、あとは学習の過程で、必要に応じて発音トレーニングを行いたいという人。

フォニックスできれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本

  • フォニックスについて学べるだけでなく、メトロノームの音に合わせて発音トレーニングができるようになっている。
  • 単語だけでなく文章を読む練習ができ、単語がつながることで発音が変化する「リエゾン」の発音トレーニングもできる。

こんな人におすすめ:徹底的に発音をトレーニングし、自信をつけたいという人。英語を読む流暢さを鍛えることができる。

 

活用の仕方について

フォニックスを始めて勉強するという人は、まずは1冊目の本で全体像をおさえ、発音の練習をしてみてください。

とてもよく出来ている教材なので、この1冊だけでも発音がかなり良くなると思います。

その後、物足りなさを感じたり繰り返し発音トレーニングを行う必要性を感じたら、2冊目を手に取ってみてください。

文章を読む練習ができるので、言いよどみや滑舌の悪さが改善し、英語の発音に自信をもてるようになると思います。