スピーキングの練習を1人でサクサク行う勉強法

スピーキングの練習と聞くと、オンライン英会話や通学制スクールを真っ先に思い浮かべる人も多いと思いますが、でも実は、うまく工夫すれば一人でも簡単にできます。しかも、すきま時間をつかって手軽に練習でき、英語をアウトプットする機会を簡単に増やすことができるので、その効果は絶大。この特集では、アプリや教材をうまく活用して、実践でつかえる英会話力を身につける勉強法を紹介したいと思います。
フードをかぶってリュックを背負った女性が、外国のとある街中を歩いています。夜にもかかわらず人通りや車通りが多く、所々で街灯が明るく光っています

1. 独り言英語でスピーキングを鍛える方法

一人でブツブツ英語を話す「独り言英語」。目の前にあるものを英語で説明したり、感じたことを日記のように英語にしてみたり、空想の人物と英語で話をしてみたり。笑 この方法をうまく活用すれば、ちょっとした隙間時間や移動時間をスピーキングの練習にあてることができます。初級レベルから順番に、独り言英語を日常に取り入れる方法を紹介します。

⇒この記事を読む

ASK MORE QUESTIONSと書かれたポスターの写真です

2. 英語の即答力を鍛えるQ&A学習法

英語をつかったコミュニケーションに不可欠な「即答力」を鍛える方法です。質問リストをつくり、そこに書かれている質問に英語で答える練習をします。ただ即答するだけじゃなく、理由や補足を付け加える練習をすることで、話を盛り上げられる会話の仕方を身につけることができます。この記事では具体的なやり方や、無料で使える質問リストなどを紹介します。

⇒この記事を読む

文字起こしアプリを起動しているスマホがうつっています

3. 音声を文字に起こすアプリを活用

スピーキングを練習していると、自分の話した英語が正しいのか、どこを改善すべきなのかが分からなくなることがあります。そこで活用したいのが音声をテキストに変換してくれるアプリ。話した内容が見える化されることで、自分の弱点や改善点が一目で分かります。アプリはワンタッチで使えるので、思いついたときに手軽に練習ができていいですよ。

⇒この記事を読む

4. 英語でつぶやいたものを添削してもらう学習法

音声をテキストにしてくれるアプリと、手軽につぶやきを投稿してネイティブに見てもらえるアプリ。この2つを組み合わせれば、1人でスピーキングの練習ができるだけでなく、話した内容を添削してもらうことも可能になります。まさに講師いらず!なこの方法をつかって、毎日英語を話す習慣を身につけましょう。

⇒この記事を読む

女性が驚いた様子を見せています

5. ネイティブの会話をモノマネする学習法

ネイティブのように流暢に話すためには、言いたいことを「頭で考えると同時に口に出せる」ようになる必要があります。モノマネ学習法は、会話シーンに登場する人物のセリフを真似することで、会話の即答力や流暢さを身につける学習法です。この記事では、初心者でも取り組めるように、具体的な手順やお勧めの教材などを紹介します。

⇒この記事を読む

その他の特集コンテンツ