心理的なハードルを克服してオンライン英会話に挑戦する方法

laptopのイメージ写真です

英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話を活用しない手はありません。

自宅で手軽に、すきま時間をうまく活用して、マンツーマンレッスンをたくさん受けることができるからです。

でも、まだまだ認知度が低いサービスなので、「敷居が高い」のも事実。

そこで今回は、オンライン英会話がなぜ取っつきにくいのか、心理的なハードルをどうやってクリアすればいいのかについて書いてみたいと思います。

オンライン英会話のハードルが高い理由

考え込んでいる女性。はてなマークがついています。

オンライン英会話は、多くの人にとって何故「敷居が高い」のでしょうか。

これには大きく分けて3つの理由があるように思います。

 

1. パソコンやインターネットが苦手

1つ目の理由は、パソコンやインターネットが苦手というもの。

オンライン英会話サービスのほとんどは、無料でビデオ通話が楽しめる「Skype(スカイプ)」というソフトを利用しますが、

こういう説明を聞いただけで、心理的な抵抗や拒否感を感じる人もなかにはいるのではないでしょうか。

でも、これは自然なことです。

誰でも新しいものにチャレンジしようという時は、

「よくわからない」
「難しそう」

といった感情を抱くものだからです。

 

オンライン英会話は、実はそんなに難しい仕組みではありません。

インターネット回線をつかって映像をつなぐというシンプルなものです。

 

英会話レッスンのイメージ

スカイプでオンライン英会話を楽しんでいるところです。※出典:日本マイクロソフト株式会社(Youtube)

ニュース番組で、現地レポーターとテレビ局を映像でつなぐ「テレビ中継」を見たことがあると思いますが、あれと同じようなものです。

 

この仕組みを使うには、専用ソフトのダウンロードや設定を行う必要がありますが、それは最初だけ。

使い始めてからは、簡単に起動して使えるようになります。

 

インターネット回線をつかってお互いの画面をつないだら、その状態で英会話レッスンを行います。

パソコンの画面上で行うので、最初は違和感があるかもしれませんが、

画面上に教材をうつしたり、画面にテキストを打ち込んだりして、講師がうまくレッスンを進めてくれるので、慣れてしまえばそんなに気にならなくなります。

時々ネット回線の影響で音声が聞こえづらかったり、ずっと画面の前に座ることで疲れを感じたりすることもありますが、

スクールに通わなくていいことや、教室がない分、受講料を安く抑えられることを考えると、十分メリットがあると言えるでしょう。

※オンライン英会話の仕組み、メリット・デメリットについては、こちらの記事にまとめました⇒オンライン英会話ってどういうもの?その仕組みや特徴を解説!

 

2. 自分の英語力に自信がもてない

オンライン英会話に心理的なハードルを感じる2つ目の理由は、「自分の英語力に自信がもてない」ということ。

「まだそんなに英語を話せないし・・・」
「文法は多少分かるけど英会話はちょっと・・・」

こんなふうに思うことで、なかなかオンライン英会話に踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。

でも実はこれ、

オンライン英会話に対する先入観からきている思い込みなんです。

 

オンライン英会話に対して、こんなイメージをもっていませんか?

  • 外国人講師とのマンツーマン
  • 英語のみを使ったレッスン
  • フリートークがメイン

ひと昔前はこのイメージ通りのサービスが多かったのですが、今は事情が全く異なります。

需要の拡大に伴って、様々なサービスが登場したことで、英語を初めて習う人や子供でも、気軽にレッスンを受けられる環境が整っているんです。

  • 初心者向けカリキュラム
  • バイリンガルの日本人講師
  • キッズや中高生向けレッスン
  • 資格試験対策コース

つまり、

英語力に自信がなくても、オンライン英会話を始めることができるということ。

英会話に自信がない人は、バイリンガルの日本人講師から英語を教えてもらうようにしましょう。

自分のレベルに合ったところから順番に、日本語で教えてもらうようにすれば、無理なく英語力を高めていくことができます。

英語を初めて学ぶという人は、初心者用テキストを使ってアルファベットから順番に教えてもらうようにすれば、マンツーマンで楽しく英語を学べると思います。

 

3. 英会話レッスンに不安を感じる

最後のハードルは、そもそも英会話レッスン自体が苦手というものです。

英会話レッスンに対する苦手意識は、「何が苦手か」で大きく3つに分けることができます。

  • 人と話すこと
  • 英語で話すこと
  • 外国人と話すこと

個人差があるとは思いますが、

もともと人前で話すのがそんなに得意じゃないという人やあがり症の人ほど、英会話レッスンに精神的な抵抗を感じる傾向が強いように思います。

 

このハードルをクリアする方法は大きく2つあります。

 

1. 英会話力を向上させる

1つ目は、「英会話力を上げる」という方法です。

英会話レッスンが苦手という人は、会話になると頭が真っ白になってしまって「何も考えることができない」という状態になりがちです。

こうなってしまうと、冷静に物事を考えられなくなるので言葉が出てこなくなりますよね。

なので、

あまり考えなくても自然に言葉が出てくるように、スピーキング力を鍛える必要があるんです。

英会話力を鍛えれば、文法が正確ではなかったり単語の羅列になってしまったとしても、なんとかレッスンを続けることができるようになります。

ただし、この方法はとても時間がかかります。

 

2. 英会話レッスンに慣れる

そこでお勧めなのが、2つ目の方法「英会話レッスンに慣れる」というもの。

何度も何度もレッスンにチャレンジしていると、回数を重ねることでレッスンの雰囲気に慣れ、緊張が和らぎ、冷静に頭が働くようになります。

この状態までもっていけると、英会話力が低くても、レッスンでなんとかなる可能性が高くなります。

余計なことを考えず、英語を聞いたり話したりすることに意識を集中できるようになるからです。

 

とはいえ、最初から外国人講師とのレッスンを選んでしまうと、慣れる前に挫折してしまう可能性が高いので、

初めは日本語が使える日本人講師を選ぶようにしましょう。

そして、少しずつ英語を口に出す練習をして、緊張が和らいできたところで外国人講師とのレッスンに挑戦すれば、無理なく英会話レッスンに慣れることができます。

具体的な手順は、このあとの学習法で紹介しますね^^

 

オンライン英会話を簡単に始める方法

laptopのイメージ写真です。コーヒー、花が両サイドに置かれています

ここまでは、オンライン英会話に感じる心理的なハードルについて、その理由と対処法を簡単に紹介してきました。

ここからは、心理的なハードルを克服する方法について、より具体的な手順を紹介していきたいと思います。

 

1. ビデオ通話レッスンを疑似体験する

最初のステップは、
ビデオ通話を使った英会話レッスンを擬似的に体験してみるというものです。

このステップをふむことで、オンライン英会話に対する抵抗感を和らげることができます。

早速始めていきましょう。

 

1-1. 英会話レッスンの様子を動画で確認する

まずは英会話レッスンの様子を、動画で確認してみましょう。

レッスンの雰囲気や進み方、教材や講師の様子など、気になるところをチェックしてみてください。

※これから紹介していく学習法では、まず日本人講師とのレッスンをお勧めしているので、日本人バイリンガル講師による、日本語を使った初心者向けレッスンの動画を貼り付けています↓


出典:World Talk(YouTubeチャンネル)

 

1-2. ビデオ画面に自分を映してみる

レッスンの雰囲気がなんとなく分かったら、次はビデオ通話を立ち上げて、画面に自分の顔を映してみます。

 

イメージ

 

この手順をふむことで、オンライン英会話が「インターネット回線で映像をつなぐシンプルな仕組み」だということが理解できるようになるので、

オンライン英会話に対する心理的なハードルを一気に下げることができます。

また、この時ついでに通信ソフトや映像を映すカメラ、イヤホンマイクなどの準備、そして音声・ビデオ通話のテストを一気に終わらせてしまいます。

そうすることで、気持ちがだいぶ楽になるはずです。

 

STEP1. 必要なものを準備する

まずはオンライン英会話に必要なものを準備しましょう。

必要なものは、
インターネットに接続できるパソコン、 WEBカメラ、イヤホンマイクの3点です。

 

準備1. ネット接続できるパソコン

まずはパソコンを用意しましょう。

インターネット接続は、有線でも無線でも構いません。

スマートフォンでもレッスンを受けられますが、画面が小さく講師やテキストが見にくいので、オンライン英会話に慣れてから挑戦したほうが無難です。

 

準備2. WEBカメラ

WEBカメラはこちらの映像を映すために使います。

パソコンに内蔵されていることが多いので、お手持ちのパソコンを一度確認してみてください。

カメラが内蔵されているパソコンの写真です

パソコンに内蔵されていない場合は、外付けカメラを別途購入して準備する必要があります。

少し大きめの家電量販店や電気屋さんに行けば売っていると思います。

どれを買えばいいか分からない場合は、店員さんに聞いてみましょう。

 

準備3. イヤホンマイク

イヤホンマイクは音声のやり取りに使います。

イヤホンで講師の声を聞き、マイクを通してこちらの声を向こうに届けます。

イヤホンマイクの写真です

iPhoneに付属のイヤホンマイク(上記の画像)のように、マイクがちょうど喉の辺りについているものを使うと、

イヤホンをつけた状態で話せば声を拾ってくれるため、わざわざマイクに口を近づける必要がなくて便利です。

イヤホンマイクを装着しているところ。喉のあたりにマイクがあります

 

音質にこだわりたいという人は、ヘッドセットを使ってもいいと思います。

ヘッドセット(マイクがついたヘッドフォン)の写真です。

イヤホンマイクより音質がよく、こちらの声をよりクリアに拾ってくれます。

ただ、少々かさばるうえに外見上の問題で外では使いづらいので、

いずれ街中やカフェで英会話を楽しみたいという人は、イヤホンマイクにしておいたほうがいいと思います。

ちなみに、ヘッドセットとイヤホンマイクを比べると音質に差はありますが、オンラインで英会話レッスンを受けるにあたっては、イヤホンマイクでも特に問題ありません。

※イヤホンマイクやヘッドセットも、WEBカメラと同様、家電量販店や電気屋さんで購入することができます。

 

また、イヤホンマイクやヘッドセットを使わず、パソコン内蔵のスピーカーとマイクで英会話レッスンを受けることもできます。

その場合、特に設定は必要ありません。

講師の声はパソコンから聞こえてきますし、パソコンに向かって直接話しかければ、パソコン内蔵のマイクが声を拾ってくれます。

ただし、

  1. マイクが周りの騒音や話し声も拾ってしまう
  2. 講師の声が周りに全て筒抜けになってしまう

という2点に注意してください。

一人暮らしの人や、静かな環境でレッスンを受けられる人であれば、イヤホンマイク無しでも問題ないと思います。

 

STEP2. Skypeをダウンロードする

次に、ビデオ通話を可能にする「Skype(スカイプ)」という無料ソフトをパソコンにダウンロードします。

下のリンクから、スカイプをダウンロードしてください。

スカイプ公式ページ

 

STEP3. Skypeのアカウントを作成する

スカイプをダウンロードしたら、次はアカウントを作成します。

スカイプを開き「アカウントの作成」をクリックしてください。

スカイプの設定画面。「アカウントを作成する」というボタンがあります

 

あとは指示にしたがって必要な情報を入力していきましょう。

入力が終わるとアカウントが作成されます。

 

STEP4. 音声・ビデオ通話テスト

いよいよビデオ画面に自分を映してみます。

 

まずはスカイプを開きましょう。

次に、パソコンにWEBカメラが内蔵されていない場合は、外付けカメラをパソコンにセットします。

カメラの準備ができたら、スカイプ上部にあるメニューの「通話」を選択し、「オーディオ設定」をクリックします。

スカイプの設定画面。「オーディオ設定」を選んでいるところです

 

次に、左端のメニューから「ビデオ設定」を選択してください。

スカイプの設定画面。「ビデオ通話」というメニューがあります

 

すると・・・

画面に自分の姿が映ります。

 

レッスン中、講師からはこんなふうに見えているわけですね。^^

※ここで何も映っていない場合、カメラが正常に作動していないか、パソコンに何かしらの不具合が生じている可能性があります。そんなときは一度パソコンを再起動してみてください。

 

カメラが正常に機能していることが確認できたら、

次は音声テストに入ります。

 

左端のメニューから、今度は「オーディオ設定」を選びます。

スカイプの設定画面。オーディオ設定メニューが表示されています

 

次に、イヤホンマイクやヘッドセットをパソコンに接続してください。

 

接続が終わったら、イヤホンマイクやヘッドセットを装着してから、

下の方にある「無料音声テストサービスと通話」というリンクをクリックします。

スカイプの設定画面。「無料音声テストサービスと通話」というリンクがあります

 

すると、自動音声が流れて音声テストを行うことができます。

無料音声テストの様子1

 

指示に従って音声を録音すると、録音された音声が再生されます。

ここで録音した自分の声が聞こえていれば、マイクはきちんと機能しています。

※自分の声が聞こえないという人は、マイクボタンに「/(斜線)」が入っていないか確認してください。

無料音声テストの様子2

「/(斜線)」はマイクがOFF(ミュート)になっているときに表示されます。

その場合は、マイクボタンをクリックすると、マイクがONになります。

これで音声とビデオ通話のテストが完了しました ^^

 

2. 学習カウンセリングを受けてみる

英会話レッスンの雰囲気を味わったあとは、もう少し踏み込んで、スカイプをつかって日本人講師と会話をしてみましょう。

この段階では、まだ英語は使わず日本語で話して構いません。

オンライン英会話に対する心理的なハードルを下げるのが目的なので、「ビデオ通話を使って初対面の人と話す」という体験ができればOKです。

(英語を使わなくても、結構ドキドキしますよ ^_^; )

 

2-1. ワールドトークの無料会員になる

日本人講師に学習カウンセリングをお願いするために、ここではワールドトークというオンライン英会話スクールを利用したいと思います。

 

ワールドトークのTOP画面です。

ワールドトーク

 

ワールドトークは、
バイリンガルの日本人講師によるマンツーマンレッスンが手軽に受けられるサービス。

世界中に在籍している英語が堪能な講師から、手ごろな料金(月3,000円~)で自分に合ったレッスンを受けられるのが魅力です。

 

会員登録をすると、無料で体験レッスンを受けることができるので、

今回はこの無料体験レッスンを利用して、日本人講師に学習カウンセリングをお願いしてみましょう。

「講師を選ぶ→レッスンの日程を決める→予約をする→レッスンを受ける」

という一連の流れを経験することで、オンライン英会話スクールの使い方もよく分かるようになりますよ。

※レッスン受講までの流れは、どの英会話スクールも基本的に変わりません。

 

会員登録の仕方

それでは、会員登録の流れを説明します。

まずは下記リンクからワールドトークにアクセスしてください。

ワールドトーク

 

次に、トップ画面の右上にある「登録はこちらから」をクリックします。

worldtalkのTOP画面。右上に会員登録ボタンがあります。

 

すると会員登録画面が表示されるので、必要事項を記入しましょう。

worldtalkの会員登録画面

 

入力を終えて「登録する」ボタンを押すと、ここで入力したメールアドレス宛に確認メールが送信されます。

 

確認メールに記載のURLをクリックすると、「プロフィール登録」画面が開くので、スカイプIDや自己紹介などの必須項目を入力しましょう。

worldtalkのプロフィール登録画面

 

スカイプIDを調べたいときは、

スカイプ上部のメニュー「Skype」から「マイアカウント」を選んで・・・

スカイプを起動したところ。上部メニューに「マイアカウント」とあります。

 

マイアカウントページ下部の「機能を管理」というところにある「発信者ID」をクリックします。

スカイプのマイアカウント画面。

 

「機能」というページの下部にあるメッセージの途中に、(live:〇〇〇)と書かれているのが確認できると思います。これがスカイプIDです。※「live:」も含みます。

スカイプIDが表示されている「機能」ページ

 

プロフィールの入力が終わったら、「登録する」をクリックしてください。

これで会員登録が完了します。

 

会員登録が完了すると、無料体験レッスンに使える780pt が付与されます。

 

2-2. 学習カウンセリングを受けてみたい講師を選ぶ

会員登録が完了したら、
学習カウンセリングを受けたい講師を探してみましょう。

まずは登録したメールアドレスとパスワードを使って、ワールドトークにログインします。

そして、左端のメニューから「講師から予約」を選びます。

worldtalkのダッシュボード

 

すると「講師一覧・検索」という画面が表示されるので、下部にある「詳細検索を開く」をクリックしてください。

worldtalkの講師検索画面。詳細を開くボタンがあります

 

「ポイント」というプルダウンを選択すると、「予約に必要なポイント」で講師を絞って検索できることが分かります。

worldtalkの講師検索画面。ポイントで検索条件を絞るところ

 

ワールドトークは、講師によって必要なポイントが異なるというシステムを採用しています。

人気の講師ほど必要なポイントが高くなりますが、ポイントが低いから不人気というわけではなさそうです。

 

ワールドトーク「よくある質問」より

Q. 講師によるポイントの違いは何ですか?

A. 講師経験や、人気度等いくつかの理由によりポイント数が異なっております。なお、260ポイントの講師はワールドトークに新しく登録された新人講師です。

 

私はワールドトークを利用して結構長いんですが、

ポイントが低くても講師経験が豊富で教えるのが上手な講師はたくさんいるので、どちらかというとポイントよりも相性のほうが重要だと感じています。

すごく上手に教えてくれる講師でも、あまり話が弾まない場合は長続きしませんし、逆に多少物足りなさを感じても、話が合う講師とは楽しくレッスンが続きます。

それにレッスン回数を重ねるうちに、ちょうどいい時間配分やレッスンの進め方がお互いに分かってくるものなので、長い目で見れば、相性さえよければ特に問題ないと言えるかもしれません。

(もちろん、こちらが学びたいことを教えられる知識や経験をもっていることが大前提です)

 

体験レッスン用に付与されているのは780pt なので、780pt までの範囲で講師を探しましょう。

※ポイントの範囲内であれば、複数レッスンを受けることも可能です。

 

試しに100pt ~ 300pt で講師を絞って検索してみます。

worldtalkの講師検索画面。ポイントで検索条件を絞ります

 

すると、該当する講師が一覧で表示されます。

ざっと確認して、気になった講師のプロフィールを見てみましょう。

※以下、一部を抜粋

worldtalkの講師検索画面。検索結果に講師が並んでいます

 

気になった講師をクリックすると、講師プロフィールを確認することができます。

講師プロフィールには、主に以下の内容が書かれています。

※講師によって個人差あり

  • 出身や経歴などの基本情報
  • 自己紹介
  • 英語歴や英語に関するエピソード
  • 提供できるレッスン
  • 提供できないレッスン
  • 事務局コメント(推薦文)
  • レッスン受講者の声

じっくり読み込んで、

「この人に相談してみたい!」

と思える講師を選びましょう。

260pt の講師は新しく登録された新人講師なので、レッスンの提供に慣れている講師がいいという人は、講師検索に戻って絞り込むポイントの範囲を変えてください。

また、気になる講師がいたら「お気に入りに追加」しておくと便利です。

Worldtalkの講師プロフィール。お気に入りに追加ボタンがあります

 

お気に入りに追加した講師は、メニューの「お気に入り講師」から、後でまとめてチェックすることができます。

Worldtalkのダッシュボード。「お気に入り講師」ボタン

 

2-3. レッスンを受ける日時を選んで予約する

レッスンをお願いしたい講師が決まったら予約してみます。

講師プロフィールの最下部に、講師のスケジュールが表示されているので、空いている日時から好きなものを選びましょう。

worldtalkの予約画面です。

 

日時を選んだら、「予約する」ボタンを押します。

worldtalkの予約画面。「予約する」ボタンを押します

 

すると、レッスンの要望を入力する画面がうつりますので、1つずつ入力していきましょう。

worldtalkの予約画面。要望を細かく入力できます。

 

2-4. レッスンの要望を細かく出す

ワールドトークでは、希望するレッスンについて、事前に細かく講師に伝えることができるようになっています。

この仕組みをうまく活用することで、心理的なハードルをしっかり下げることができるので、1つずつ丁寧に入力していきましょう。

 

まずは年代です。該当するものを選択します。

worldtalkの予約画面。年代をプルダウンから選びます

 

次にレッスンで使う言語について要望を出します。

worldtalkの予約画面。日本語をどの程度使うかを選びます

以下の選択肢から選ぶことができますが、ここでは学習カウンセリングを受けたいので「全て日本語で教えてほしい」を選びます。

  • 全て日本語で教えてほしい
  • 基本は日本語で、できれば英語でも少し話がしたい
  • 基本は英語で、説明だけ日本語で聞きたい
  • 全て英語で喋りたい

 

次は会話のレベルを選択します。

worldtalkの予約画面。英会話レベルを選びます

以下の選択肢から、該当するものを選びましょう。

  • 全く出来ない
  • 単語が少しわかる
  • 簡単な会話が可能
  • 日常会話が可能
  • 問題なく会話が可能

次の「他社サービスの利用経験」と「レッスンの実施頻度」も、該当するものを選んでください。

worldtalkの予約画面。レッスン頻度をプルダウンから選びます

 

あとの2つはフリー記述となっています。

1つ目は「3ヶ月後の目標」。薄い灰色で書かれている記述例を参考に入力します。特に決まっていない人は空欄でもいいと思います。

worldtalkの予約画面。3ヶ月の目標を入力するところです

 

最後は「今回のテーマ」です。

ここに、学習カウンセリングを受けたいということや、オンライン英会話初心者であることなどを盛り込みましょう。

worldtalkの予約画面。レッスンのテーマを入力するところです

ここを丁寧に書いておけば、レッスンで緊張したり、スカイプの使い方が分からず混乱したりしても、講師が親身になってサポートしてくれるので安心です。

入力が終わったら内容を送信しましょう。

 

これでレッスンの予約と要望の送信は完了です。

 

2-5. 学習カウンセリングを受けてみよう!

さて、いよいよレッスンです。

レッスン時間の5分前にはスカイプを立ち上げておきましょう。

初回レッスンの時は、担当してくれる講師から「コンタクト申請」というものが届いているはずですので承認しましょう。

この承認作業を行うことで、お互いにビデオ通話ができるようになります。

ビデオ通話がうまくいくか不安という人は、ステップ1「ビデオ通話を疑似体験する」で紹介した、ビデオ通話・音声のチェックを行っておきましょう。

 

レッスン時間になると、講師からコール(電話)がかかってきます。

イヤホンマイクをつけて、一番左端の「ビデオ通話ボタン」を押すと、講師とビデオ通話がつながり、レッスンが始まります^^

 

コールの様子 ※イメージ

skypeのコール画面

 

学習カウンセリングが始まったら、日本語で気になることをどんどん聞いちゃいましょう。

同じ日本人の立場から、的確でためになるアドバイスをしてくれるはずです。

余裕が出てきたら、

「英語を少し話してみたい!」

と思い切って伝えてみることをお勧めします。

講師のほうで、初心者でも手軽に取り組めるアクティビティを提案してくれると思います^^

 

3. 英会話レッスンに挑戦する

学習カウンセリングが終わったら、いよいよ英会話レッスンにチャレンジしてみましょう。

新しい講師を探してもいいんですが、不都合がなければ、学習カウンセリングを担当してもらった講師に英会話レッスンを頼むようにしましょう。

その方が、こちらのことをよく分かってくれているし、色んな悩みを聞いてもらっているので、レッスンを頼みやすいですよね。

 

レッスンはどんなものでもいいと思います。

文法テキストを使ってもいいし、英会話フレーズを教えてもらってもいいし、英語日記を添削してもらってもいいし・・・

学習カウンセリングで分かった苦手なことや、逆に好きなことにフォーカスしてもいいと思います。

講師と相談して決めていきましょう。

日本語をどのくらい使うか、何を目標に設定するか、どれくらいの頻度でレッスンを受けるのかなども講師と一緒に決めるとレッスンが充実しますよ。

一人で勉強するとだらけてしまうという人は、家庭教師のように、宿題を出してもらってもいいかもしれません。

 

心理的なハードルをクリアした後は…

ここまでくれば、
オンライン英会話に対する心理的なハードルは、かなり下がっているはずです。

試しに、最初に説明した「3つの心理的ハードル」を確認してみてください。

  1. パソコンやインターネットが苦手
  2. 自分の英語力に自信がもてない
  3. 英会話レッスンに不安を感じる

オンライン英会話をつかってレッスンを受けられるようになった今、

もうこれらのハードルを感じることは、ほとんど無くなったのではないでしょうか。

 

オンライン英会話に対する心理的なハードルをクリアしたあとは、

少しずつ英語を使う頻度を増やしたり、フリートークに挑戦したり、外国人とのレッスンにトライしてみたりと、

英会話レッスンのレベルを、自分の英語レベルに合わせて少しずつ上げていくようにしましょう。

そうやって無理せずできることを少しずつ増やしていけば、

オンライン英会話に抵抗を感じたり、挫折してやめてしまったりする可能性は低くなり、オンライン英会話を効果的に使い続けることができます。

 

外国人講師とのレッスンにチャレンジするときは、まずは日本語を話せる外国人講師にレッスンをお願いするといいと思います。

※ワールドトークには、英語も日本語も話せる外国人講師が複数在籍しています。

また、レッスンをお願いしている日本人講師に

「外国人講師とレッスンを受けられるようになる」

という目標でレッスンのカスタマイズを頼むのも手です。

レッスンの流れを把握し、必ず使う「挨拶」「質問」「相槌」などを一緒に練習しておくだけでも、

レッスンを受けるのがかなり楽になります。

 

ぜひ自分なりに色々工夫して、うまくいく方法を見つけてください。

みなさんのオンライン英会話デビューが、楽しく、充実したものになるように願っています。