外国人との会話に慣れるだけで英語力は上がる

京都はそろそろ紅葉のシーズン。

長期滞在の外国人観光客も多いので、八坂神社や清水寺につながる道、鴨川沿いなどの人気スポットはすでに程よくにぎわっています。土日は少し歩きにくいぐらい。

街を歩いていたら” Can you find a parkings?” という声とともに、レンタルサイクルに乗った外国人カップルが、横を通り過ぎていくのが目に入りました。

しばらく歩いていると、少し先のほうで自転車を降りて、Uターンしようとしています。そこで “Are you finding a parking for bicycle?”と声をかけて、場所を案内しました。

こんなことが日常的に起こるのも外国人観光客が多い京都ならでは。 英語を勉強している私にとっては、とても有り難い環境です。

 

特別なことではないと思えるまで場数をふむ

オンライン英会話で英語を積極的につかうにも書きましたが、私が英語でコミュニケーションをとれるようになったのは、文法や単語の勉強をするだけでなく、外国人を相手に英語をたくさん聞いたり話したりしてきたからです。

コミュニケーションの場数をふめばふむほど、インプットした英語の知識を実践でつかえるようになります。

まだ外国人を相手に話すのが緊張するという人は、はじめは単語の羅列になってしまってもいいので、とにかく外国人講師とたくさん話すようにしてみてください。

外国人とのコミュニケーションに慣れてしまえば、会話をするのが楽になり、もっている英語の知識がどんどん使えるようになります。

慣れの力って本当にすごいと思います。新しいことを頑張って覚えなくても、会話の仕方や言葉の使い方が感覚的にわかってしまえば、会話中に気の利いた冗談を言うこともできるようになるし、もっている知識を組み合わせて柔軟に文章を組み立てられるようにもなっていきます。

オンライン英会話で用意されている初心者向けの教材や講師をつかえば、全く話せなくても講師がフォローしてくれるので、興味のある人は試してみましょう。