観光ガイドに同行して分かったこと

「外国人観光客を相手に、一人で京都を案内できるようになりたい」という私の話を聞いて、職場の上司が観光ガイドに同行させてくれました。

ニューヨークから遊びにくる60代の夫婦に、大阪の街や観光スポットを一日かけて案内するという内容です。

大阪城や通天閣、天王寺公園に道頓堀と、人気スポットをめぐりながら、会話や食事を一緒に楽しみます。私はアシスタントとして参加したので、主に店や交通手段、経路などを案内しました。

 

必要なのは引き出しの多さと柔軟な対応力

観光ガイドになるには、高い英語力が必要だと言われています。でも、確かに英語はできればできるほど良いと思いますが、別にペラペラである必要はないというのが、実際に同行してみて私が思ったことです。

英語力よりも大切になるのが、引き出しの多さと柔軟な対応力です。ここをしっかりおさえることができれば、英語での意思疎通が多少スムーズにできなくても、お客さんの満足度は高くなります。

例えば今回の場合、事前の要望にはなかった目的地を提示されたり、歩いている途中で甘いスイーツが食べたいという要望をうけたりしました。こんなときは、観光する順番を変えたり滞在する時間を調整したりして、なるべく全ての要望を叶えられるように考えます。

時間が足りないことを説明して諦めてもらうこともできますが、それは最終手段。希望を叶えられなくても、せめて代替案を提示するように心がける。これだけでお客さんに喜んでもらうことができます。
 

«

»