英語をつかって本を読む

英語で書かれた本をなるべく読むように心がけています。自分にはハードルが高いかなと思うようなビジネス関連の本も、読みたいと思ったら迷わず購入します。

日本語に翻訳された海外の本でもAmazonで英語版がないかを調べ、できるだけ英語で書かれている本を買うように心がけています。

本屋に立ち寄ったときは、英語で書かれている本のコーナーで面白そうな本を探すのが習慣です。

最近読んでいるのはこの本。

“I’m Sorry I Broke Your Company” (申し訳ない、御社をつぶしたのは私です)

そう簡単に読み進めることができないところが、英語で書かれた本を読むことの素晴らしいところだと思います。早く次に書かれていることを知りたいのに、英語の文章を解読しないと先に進めない。そんなところに魅力がつまっています。

 

興味を失わないために

英語で書かれている本の内容を読み取っていくのは、正直言って骨が折れます。途中で分からなくなり、段落の最初から読み直すなんてことはしょっちゅうです。分からない単語や文章が続くと投げ出したくなる時もあります。

でも、書かれている内容が次第に明らかになっていくときに感じる快感は、筆舌に尽くしがたいものがあります。

英語を勉強していると、書かれている内容よりも学習効果に意識がいきがちです。例えば、英語の文章構造が感覚的にわかるようになるとか、ボキャブラリーが増えるとかいった具合に。

確かにそれも大事なことではあるのですが、私は学習効果よりも書かれている内容に集中したいと思っています。そのため、本を選ぶときは自分のレベルに合っているかよりも読みたいと思えるかどうかを大事にします。

本を読むときは、分からない単語や文構造をひとつひとつ調べることはしていません。大まかに意味を理解できればいいので、分かる部分を中心にどんどん読み進めます。そして、途中で内容についていけなくなったときに、前の文章に戻って必要最低限の単語だけ意味を調べています。

どうしても分からない部分は、分かるまで文章を細かく分割しながら読むので、自然と調べることが多くなります。それでも、分からないことを全て調べながら読むわけではないので、興味を失わずに読んでいくことができます。