なるべくシンプルに伝える努力をする

Hostelで働き始めて分かったことがあります。それは、英語が完璧じゃなくても、相手が必要としていることを伝えられれば、十分通用するということ。

お客さんが求めていることを理解し、丁寧に応対することができれば、つたない英語でも笑顔で “Thank you!” と返してもらえます。

誤解を恐れずに言うと、英語の上手い下手はあまり関係ないのかもしれません。これが格式高いホテルだと問題になるのかもしれませんが、素泊まりで低価格のHostelにはそこまで求められていないように思います。

むしろ大切なのは、気配りや心配り、そして笑顔や元気の良さ。そういえば、私が海外のドミトリーに泊まったときも、スタッフの方が笑顔で接してくれたり、困っているときに声をかけてくれたりするだけで、たとえ言葉が通じなくても嬉しく感じたものでした。

 

シンプル イズ ザ ベスト

もちろんサービスの質が悪いと問題になるので、業務を遂行するために最低限の英語力は必要になります。(以下は一例)

  • Listening, Speaking
    • 予約やCheck-in/outに応じる
    • 滞在中の問い合わせや質問に対応する
  • Reading, Writing
    • 予約メールのやりとりをする
    • SNSや予約サイトを運営する

お客さんとやりとりをするときは、何を聞かれているのか、何を伝えないといけないかに意識を集中させます。話のポイントをおさえていれば、英語の文章が組み立てられなくても、単語やボディランゲージをつかって必要なことを伝えられるからです。

要点を絞って、なるべくシンプルに伝えること。

“Simple is the best.” という言葉がありますが、英会話に自信がないという人は、相手が求めていることや話のポイントを意識するだけでも、かなり話しやすくなると思います。
 

«

»