英語をつかって英語を学ぶ効果

フィリピンでは、子供のころから英語をつかって様々なことを学ぶそうです。イマージョンプログラムと呼ばれるこの教育法は、英語に没入することで、その言葉を自分たちの国の言葉のように無意識に(感覚的に)使えるようになることを目的としています。

少し前にTOEICの勉強を始めました。ずっと会話中心の勉強をしてきたのですが、仕事で英語を使うようになって、ビジネス英語を学ぶ必要があると思ったからです。そこでいろいろな本を探したのですが、私が選んだのがTOEIC Skillsというシリーズ。すべて英語で書かれているのが特徴です。

 

英語で考えることが特別ではなくなる

英語で書かれているということは、問題文はもちろんのこと、解法のテクニックやボキャブラリー、文法の説明などもすべて英語で理解しなければなりません。でも、最初はゆっくり読まないと解読できず、なかなか勉強が捗りませんでしたが、英語を読み続けているうちに英語を読んでいるという意識がなくなり、勉強に集中できるようになるから不思議です。

イマージョンプログラムも、同じような効果を狙っているように思います。英語に浸って母国語を全く使わない状態が続くと、次第にそれが特別なことではなくなっていきます。

英語を英語のまま理解すると、日本語を介在させなくても英語を扱えるようになります。すると、リスニングやスピーキングのスピードが大きく向上します。
 

«

»