使える英語を独り言で増やす

頭では理解していても、意識しないと正しく使えない英語がたくさんあります。

例えば単数形や複数形、”a” や “the” といった冠詞、会話フレーズなど。「あっ!こう言えばよかったのに!」と後から気づくことが多く、いつも悔しい思いをします。

“あ…。あの時、こう言えばよかったな…”

三人称単数のような初歩的な文法事項でも、知っているのと使えるのとでは難易度に大きな隔たりがあります。会話はテンポやリズムが大事なので、いちいち頭で考えながら話す時間はありません。理解したことは、いつでも使えるようにしておく必要があります。

 

英語をおまじないのようにつぶやく

そこで、使いたいフレーズや言いまわしに出合ったときは、口に馴染ませるように小声で何度もつぶやくようにします。

使っているところを想像しながら、 おまじないをかけるようにブツブツ繰り返すのがポイント。必要なときに自然に口にできるように、言葉に準備をさせるイメージです。

そうすることで、使える英語を増やすことができるほか、同じ間違いを繰り返さないように意識づけることができます。

あとは、実践ですぐに使えなくても極端に落ち込まないこと。

いつか自然に使えるといいな、ぐらいの気持ちでどっしり構えていると、一喜一憂しなくて済みます。英語の勉強は長く続けることが大事なので、道中の景色を楽しみながらマイペースでいきましょう。
 

«

»