オンライン英会話のグループレッスンには、どんなメリットがある?

オンライン英会話と聞くと、マンツーマンレッスンを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はグループレッスンもあります。

この記事では、グループレッスンの魅力について、実際に経験してみて分かったことを中心に紹介したいと思います。

グループレッスンは少人数の授業形式で進む

マンツーマンと違って、グループレッスンは複数の生徒が一緒にレッスンを受けます。そのため、基本的には授業形式でレッスンが進行します。

まずはその特徴を3つ、簡単に紹介したいと思います。

 

1. 英会話講師がレッスンの進行役になる

グループレッスンでは、講師が進行役になって、レッスンが手順通りに進むように全体をコントロールします。

特定の人に発言が偏ると不満につながるので、生徒に発言を求めるときは、基本的に順番に当てていくことが多いです。

また、一人ひとりの理解度に気を配りながら、必要に応じて手助けをするのも講師の役割。

うまく答えられない人の発言を代弁したり、答えやすいように簡単な質問で聞き直したりしながら、学習者をサポートします。

 

2. 複数の生徒の前で英語を話す機会がある

他の生徒の前で英語を話す機会があるのも、グループレッスンの特徴のひとつ。

人前で話さなければならない状況は、自分の考えを正しく言葉にするいい訓練になります。

また、人に見られている(聞かれている)ということを意識しながら話すことは、精神面にもいい刺激を与えます。

例えば私の場合、人に臆病だと思われるのが嫌いなので、グループレッスンに参加しているうちに、英語が多少おかしくてもハキハキと発言するようになりました。

英語上達の近道は、堂々と話してどんどん間違いを犯すこと。失敗をたくさんしてそこから学ぶことで、使える英語が着実に増えていきます。

人前で話すプレッシャーに打ち勝ち、その状況に慣れることができれば、会話力はみるみる向上していきます。

 

3. 他の生徒が英語で話しているのを聞く時間がある

他の生徒が発言しているときは、その会話を聞くことになります。

私ははじめ、

「他人が発言している時間が勿体ないので、グループレッスンはマンツーマンレッスンに比べて学習効果が落ちる」

というネットの情報を鵜呑みにしていたんですが、実際にレッスンを受けてみて分かったのは、メリットもあるということです。

ざっと紹介するとこんな感じ。

  1. リラックスしてゆっくり考える時間ができる
    マンツーマンだと常に対面で気を張っているので、考えを整理したり冷静に学んだことを理解したりする時間がありません。グループレッスンだとその時間があるので、学んだことの定着率が上がります。
  2. 他の学習者から様々なことを学べる
    あの人は発音に癖があるな、あの人はよく三人称単数のところで間違えてる、あの人は自信なさげに話してるので内容が聞き取りづらい…、というふうに、他の学習者について気づいたことを参考にすることができます。
  3. 毎回発見があって楽しめる、継続しやすい
    住んでる国や地域のことをシェアしあったり、自分では気づかなかった学習上のコツについて聞ける機会があったりと、グループだからこその刺激や発見がたくさんあります。マンネリしにくく、学習を続けるモチベーションが高まります。

この3点については、この後もう少し具体的にお話ししますね。

 

グループレッスンの魅力やメリット

グループレッスンの魅力やメリットは、他の学習者と一緒にレッスンを受けていることから生まれます。

マンツーマンもグループも、英会話を学ぶという目的は変わらないので、自分にあったほうを選ぶことが重要。

どちらがいいかを選びやすいように、両者を比較する形で説明していくので、レッスン形式を選ぶ参考にしていただければと思います。

 

グループレッスンのメリットは大きく3つです。

 

1. リラックスしてゆっくり考える時間ができる

まずはリラックスしてゆっくり考える時間ができるということ。

レッスン時間は大きく3つに分けることができます。

  1. 講師の説明を聞く時間
    ※レッスンのテーマや目的について。また、重要フレーズやその説明、実際に使えるシーンの解説などを聞く時間。生徒に質問をする時間なども含む。
  2. 他の学習者の発言を聞く時間
  3. 自分が発言をする時間

自分が発言をする時間以外の時間については、学ぶ内容と冷静に向き合うことができるので、メモをとったり分からないことをネット検索で調べたりする時間として使えます。

また、自分が当てられた時にどう答えるかを考えたり、他の人の発言を聞きながら自分との違いを分析し、自分のために役立てるにはどうしたらいいかを考えたりする良い機会にもなります。

マンツーマンだとこうはいきません。

対面で向き合っているので、常に自分に話しかけている状態になり、一言一句しっかり聞いていないと会話が成立しなくなります。

講師からの問いかけに答えるときも、常に気を張っているので前もって準備する余裕はなく、その場で瞬発的に答えないと変な間が空いてしまいます。

 

グループレッスンを選択するときは、ビデオ画面を使わないスクールや、自分でマイクのON/OFFを切り替えられるスクールにすれば、英語の講義を聞いている感覚で、コーヒーを飲みながらリラックスして授業を受けるといったことも可能です^^

 

2. 他の学習者から様々なことを学べる

自分と同じ英会話レベルの人が、どのように英語を学んだり話していたりしているかを知る機会ってなかなかないですよね。

グループレッスンなら、他の学習者が話しているところを参考にできるので、いろんなことを学ぶことができます。

人のふりみて我がふり直せっていう諺があるように、一人で勉強していても、自分の欠点には気づきにくいもの。逆に、他の人ができていないことを認識することで自信を深めることもありますが。

どちらにせよ、他人が話しているところを見たり聞いたりすることは、自分にとって大きなプラスになります。

  • 「あの人は発音に癖があるな」>「自分はもっと発音を意識しよう」
  • 「あの人はよく三人称単数のところで間違えてる」>「自分もそういうところがあるから、一度ゆっくり正確に話すように意識してみよう」
  • 「あの人は自信なさげに話してるので内容が聞き取りづらい…」>「間違ってもいいからハキハキ話すようにしよう」

こんな風に、自分で気づくことができれば、その後の伝わりやすさが劇的に改善します。

聞き手の気持ちになれる機会ってなかなかないので貴重ですよね。

マンツーマンレッスンだと、講師にアドバイスをしてもらうことはできますが、「自分から気づく」ということはなかなかできません。

会話を録音することで、自分を客観視するという方法もありますが、ちょっと手間ですし。。

参考記事>オンライン英会話で自分の声を録音して聞くのが効果的な5つの理由

ちなみに、自分で改善点を発見すると印象に残り、改善の意欲もわいてくるという副次的な効果も期待できます。

 

3. 毎回発見があって楽しめる、継続しやすい

レッスンを受けるたびに新しい発見や刺激があるのもグループレッスンの魅力の一つ。

例えば私は、多国籍のグループレッスンも日本人同士のグループレッスンも受けたことがありますが、どちらの授業も何かしらの発見があるので、授業を受けるのが毎回楽しみでした。

具体的には、天候やニュース、引っ越しなど、レッスンが盛り上がるような話題をつかってレッスンが組み立てられるので、参加する生徒によって話の展開やレッスンの雰囲気がガラッと変わります。

個人的な趣味や嗜好の話をきっかけに会話が盛り上がったり、住んでいる国の文化や習慣について話が展開したりと、無味乾燥なテキストではなく、生の会話が題材になっていくので飽きることがありません。

クラスのレベルが高ければ高いほど、フリートークやディスカッションの割合が大きくなるので、この傾向は強くなります。

教材中心のレッスン

フリートークやディスカッション中心のレッスン

初級レベルだと教材レッスンが中心になるので、フリートークの要素はあまり入らなくなりますが、それでもマンツーマンレッスンに比べると、他の学習者がいることで新しい発見が多いと思います。

世の中には様々なタイプのスクールがあるので、興味がある人はどんなグループレッスンに参加できるのか、一度探してみてはいかがでしょうか。