フリートーク力を鍛えたい人にお勧めのオンライン英会話の活用法

フリートークレッスンに取り組んでいる人が抱える悩みはいろいろあると思いますが、経験上、次の2つが多いのではないかなと思います。

  1. レッスンで何を話せばいいか分からない
  2. 学んだことがなかなか使えるようにならない

そこで今回は、この2つの悩みを一気に解決できるオンライン英会話の活用法を紹介したいと思います。

対象として想定している読者は、実践的な日常会話にチャレンジしたい初中級~中上級の人。

ちょっと変わったレッスン方法を知りたい人や、普通のレッスンに飽きてきた人、マンネリ気味の人にも新しい発見があると思いますよ。

家電量販店で英会話レッスン!?

ある日、ふと思いついたんです。

「街中で英会話レッスンをすれば、フリートークのネタに困ることがないし、日常会話で使えるボキャブラリーも身につくんじゃないか?」

これが今回紹介しようと思っている学習法です。

私が選んだのは家電量販店でしたが、服屋さんでも商店街でも川べりでも、外であればどこでもいいと思います。

 

この学習法を思いついたきっかけ

フリートークって、ずっと続けていると話すネタがなくなってきたり、マンネリを感じたりしますよね。

毎回成長を実感できているといいんですが、レッスンで教えてもらった表現やフレーズって、日常会話でつかう機会がないとすぐに忘れちゃいますし。。

 

そんな課題感を抱えているときに、たまたま引っ越しをして、冷蔵庫や炊飯器を買いに行くことになったんです。

そこで思いつきました。「こういう日常シーンに英語を話す機会を無理やりつくったら、結構勉強になるんじゃないか?」って。

 

テキストをつかって自分とは直接関係ないトークスクリプトを読む

のと、

リアルな日常生活で、自分が言いたいことを英語にする

のとでは、頭への残り方も成長実感も全然違うんじゃないか?って思いました。

 

街中で英会話レッスンを受けるメリット

で、さっそく試してみたら、これが大正解!◎

まるで外国人の友達ができたように、話したいことが次から次へと出てきて、すごく充実したフリートークレッスンになったんです。

お相手して頂いたのはバイリンガルの日本人講師でしたけど。笑

 

冷蔵庫が並んでいるフロアに行って、どういうサイズのものを探しているかを話したり、

途中でフライパンを見かけて衝動買いしたり、

料理の話に話題が展開して、エスカレーターの傍でずっと話し込んだり…(笑)

途中つまってしまったときは、言いたいことをうまく伝えるテクニックや会話表現を教えてもらいながら、買い物を楽しみました^^

 

この学習法のメリットを整理すると、こんな感じになります。

街中で英会話レッスンを受けるメリット

  • 日常シーンで自分が好んで使う表現が自然と身につく
  • 体験を伴うので、単語やフレーズが印象に残る
  • 歩きながら話すので気持ちがいい。自然と会話も弾む

この経験をしてからというもの、すっかり外でレッスンをすることにハマり、商店街や川べり、街中などでよくレッスンを受けてます。

レッスンというより、友達と話す感覚に近いですけどね。

 

街中で英会話レッスンを受ける方法

ここからは具体的なレッスンの流れや内容についてお伝えしていきます。

私の家電量販店でのレッスンを例に共有しますが、他の場所で話すときにも応用が利くと思うので、自分の場合どういうレッスンをするかをイメージしながら読んでみてください。

ちなみに、外でレッスンを受けるためにはマイク付きイヤホンやスマートフォン、オンライン英会話サービスが必要になりますが、具体的な準備についてはスマホを使って外で英会話レッスン!に書いたので、ここでは省略します。

 

街中で英会話レッスン ~家電量販店編~

 

Step1. はじめの挨拶

英会話レッスンは大抵、ビデオ通話で「Hello~^^」と挨拶するところから始まります。

今回はいきなり家電量販店からレッスンを始めるというサプライズをしてみました。

「え、いまどこにいるの!?」

という良い反応がかえってきて、つかみはOK(^ー^)

そこで今日のレッスンテーマややりたい事を伝えます。

もちろんあらかじめ伝えておいても大丈夫ですが、こういうサプライズって講師との距離を縮めるのに効果的なんですよね。

まぁ私の場合、ただやりたいだけだったりしますが。笑

 

Step2. お目当てのものが置いているフロアに向かう

最初のあいさつが終わったら、さっそく冷蔵庫が置いてあるフロアに向かいました。

ここから先は、ビデオ画面はONにしたままで、自分の顔ではなく、フロアが映るように手に持ちます。

そうすることで、講師と一緒に買い物に来たような感覚でレッスンを楽しむことができます。

 

大きい量販店だったので、まずはエスカレーターの横に表示されているフロア案内の前に行き、

「え~っと、冷蔵庫が置いてあるフロアって何階だっけ・・・」

と英語でつぶやきながら冷蔵庫売り場を探します。

なるべく話す量を増やすため、些細なことでも英語にしてみるのがポイント。

そのほうが、講師から質問してもらいやすくなります。

 

移動中は目にうつる情報すべてがフリートークのネタになります。

このときは、日本語を英語に変換して喋ってくれるポケットタイプの翻訳機が売られていて、

「そのうち英語を勉強しなくてよくなるんですかね~」

なんて話をして盛り上がりました。

 

Step3. フリートークを楽しむ

冷蔵庫売り場についたら、色んなタイプの冷蔵庫を見せながら、予算や探している種類について話したり講師の意見を聞いたりしながらフリートークを楽しみます。

実際に体験してみると分かりますが、言いたい事がたくさん出てきて困りますよ~。

と同時に、どう英語で言えばいいのか分からないこともたくさん出てきて、すごく勉強になります。

フリートークのネタに困っていたのが嘘のようでした(*^^*)

 

あとは気が済むまでレッスンを楽しむだけ。

買いたいものも無事選ぶことができて大満足でした。

レッスン終了間際になったら、本日のお礼や感想などを伝えて、そのままレッスンが終了。

さすがに会計中に英語を話すことはできないので、レッスン後に買い物を済ませました。

 

取り組むにあたっての注意点や活用のコツ

最初は抵抗あるかもしれませんが、慣れてしまえばこんなに効果的な学習法はないですよ。

ウォーキングしながらレッスンを受けたり、景色のいいところに座って、目の前の風景を共有しながらフリートークしたりと、スマホがあればどこでも楽しくレッスンが可能です。

注意点をあげるなら、ビデオ通話を利用するので、データ通信量が結構かかってしまうところですかね。

頻繁に外でレッスンを受けるなら、ポケットWifiを利用することをお勧めします。

 

まだ外でレッスンを受けたことがないという人は、まずは家のベランダや公園のベンチなどでレッスンを受けてみましょう。

そうやって精神的なハードルが低いところから始めて、慣れてきたら買い物とか散歩にチャレンジするとスムーズです。

私のように日本語が使える講師にお願いするのもいいと思います。

観光ボランティアに興味がある人は、街や神社などを案内する練習をしてみてもいいでしょうし、留学したい人は、外国人の友達とどこかへ遊びに行くという設定で、レッスンをお願いしても楽しいかもしれません。

自分の興味や日常生活と英語をうまく結びつけることができれば、モチベーションを維持しながら、楽しく効果のある学習を続けることができますよ^^